「免疫力を上げる体づくり」というのは結局は… (雑誌掲載)

先日、3年ぶりに取材して頂き、雑誌に掲載して頂きました。

クレヨンハウス刊 「いいね」50号です。
(7/6頃から店頭に並んでいるそうです)

 



Amazonのリンクはこちらから。
 




掲載誌を送って頂いたので、実家に行った時に母に見せたところ、

「裕子の指導人数が1300人ってなってるけど違うんじゃない?
 私そういうところ、なんか目がいくのよね。」

(あっ本当、校正漏れで13000人のはずが1300人になってる!
 ーーというか、コメントはそこですか?
 そういえば昔から、実家のリビングに原稿を置いておくと、家族全員が校正案を教えてくれる家だったね。ありがとうお母さん…)



道場に持っていって長谷川先生にお見せすると、

「カラーじゃないのか! 失礼だな!
 でも巻末だから。トリですからね。(と独り言のように)」

(先生、内容は大丈夫だったでしょうか…?)



ーーというわけで(?)
校正漏れもあり、カラーでないページなのですが(笑)、巻末に5ページ載せて頂いています。



雑誌のタイトルは「感染症にも負けない 免疫力のあるからたづくり」。

私の担当部分については、
姿勢と呼吸、心のこと、そして感染症対策について… とご依頼を頂きました。



といっても、
会員の皆様は共感して下さると思うのですが、
「そのテーマって、ただただ、体を整えましょうということですよね?」ということで、

結局は、普段お伝えしている一番基本的なことだけになりました。

(鎖骨窩とか呼吸活点も、イラスト入りで載せて頂いたのと、
 紙面の都合上、イチオシの「心の学校」のことはお話できなかったのですが。)



本当に基本的なことだけですので、氣道をご存じない方にお伝え頂くツールとしてはいいかもしれません。

横浜と東京の道場に置くようにしますので、宜しかったらご覧になってみて下さい。





取材が決まったとき、
今野先生から「何度目なの?」と聞かれ、「5回目くらいでしょうかね…?」と曖昧な返事しかできなかったのですが、

過去記事によると、やはり5回目だったようです。

『 メノポーズには、目のポーズ? (雑誌掲載) 』
http://kido-staff.jugem.jp/?eid=2440



「過去の記事も道場にコピーを置きましょう!」と晶ちゃん(永井)が言ってくれているので、そのうちに… と思っています。



文字数が厳密に決まっている誌面に、何をどういう言い回しで掲載して頂くのか…

久しぶりに「雑誌」という媒体を経験して、
こうした枠がある中の文章に携わる面白さを、改めて感じさせて頂きました。

(時節柄、取材はzoom、諸々リモートで、それも興味深かったです。)


ありがとうございました!


(佐野 裕子)



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM