リース

伸びてきたハーブをカットしながら、

そのハーブでリースを作りながら、

 

この命は、これで喜んでくれてるのだろうかと

考えてしまう。

 

考えずに、愉氣をし、感じてみると、

「いいよ」と言ってくれている感じがある。

 

それでもぬぐえない、一抹の不安はなんなんだろう。

 

ただ心を静かにしてできあがったリースを見て、

ねこが死んだときに体に乗せてあげたい または

私が死んだときにこういうのを胸の上に乗せてほしい、

と思う。

 

 

 

明日になれば、もっと別な気持ちでこのリースを

愉氣できるかもしれない。

 

そんな日です。

 

(永井晶)



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM