久しぶりの「0(ゼロ)リング」レッスン

先日、久しぶりに「0(ゼロ)リング」の個人レッスンを承りました。

 

 

 

「0リング」とは、筋肉反射で、自分に合うもの合わないものをチェックできる手法。

(指の筋肉を使って行います)

 

新型コロナウィルスへの私たちなりの対応として、道場にいらっしゃる方のウィルスチェックを0リングでさせて頂いていたので、

それを体験されてご興味をお持ち下さったとのことでした。

 

 

 

0リングは、身につけておくと本当に便利なので、

私も常々「緊急事態宣言が解けたら、皆さまにぜひ0リングをお伝えしたい!」と思っており、そういう意味でもナイスタイミング。

 

(もうひとつ、緊急事態宣言が解けたら…と思っていたものは、「遠隔愉氣」です。

 こちらは8月に講座がありますので、ぜひお見逃しなく!!)

 

 

感覚の細やかなお2人様のレッスンでしたので、

基本的な「2人組」での行い方をたっぷり実習し、

 

おうちで「1人0リング」の練習をして頂くための方法までしっかりお渡しできて、

とても充実感のある1時間でした✨

 

 

 

 

レッスン中、「◯◯でのやり方はこうだけれど、氣道流はこう。その意味は…」といったことを思いのほかたくさんお話していた自分に気づき、

後から振り返ってみたら、私が0リングに出逢ってから二十数年経っているようでした。

 

(ということはいつの間にかそれだけの年齢を重ねたわけで…

   年月とは恐ろしいものですね。。)

 

 

 

全てのものがそうであるように、

0リングも「いらなくなるために存在している」のだと思っています。

 

本能的な感覚で、「これは私に合っている」「これは要らない」「これについては大丈夫」と分かれば、それに越したことはない。

 

そのための「橋渡し」として、0リングを活用することは、大いに役に立ちます。

 

 

 

0リングはやっぱり面白い!!!

そして、練習していくことで、「考えること」から「感じること」へシフトしやすくなるのも素晴らしいところだと思います。

 

 

土地の図面と0リングを使った、「ここはもっとこうした方がよい」という鑑定(&愉氣)もさせて頂くのですが(=住居改善測定)

 「お庭のここに炭を埋めたらいい」などと観ていく時、

 「頭で考えたらここに埋めたらいいはずなのに、感覚&0リングでは違う場所になる」ということもままあり、

 なぜだろう…と思っていたら、あとから「古井戸が埋まっていたことが分かった」とか「そこは石窯がある」などを教えて頂き、それでそこに炭はを埋められなかったのか…と判明することもよくあります。)

 

 

 

0リングの練習会講座も追々できればと思っているのですが、

スケジュールの都合上、今のところ、早くても10月以降になるかな…という状況です。

 

映像での修得は難しいものでもあり…

ご希望の方は、ぜひ「個人レッスン」をご活用頂けましたら幸いです!

 

 

(1時間枠(実質50分程度)、一般15000円。会員10000円(佐野担当の場合は12000円)。

 複数人数の場合でも料金は変わりません。

 0リングの場合は、1〜2名で1時間枠をお勧めします。

 遠方の方など、1回できっちり学びたい方には、2時間枠をお勧めします。)

 

 

(佐野 裕子)

 

 

 

 

 



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM