「趣味=内感愉氣」のはなし

「気になること」や

「気になる体の感覚」だけでなく、

自分にとっての「常識」に気づいたときに、

それを一度、クリーニングしてみたくなる。

 

そのフィルターがない時に、この世界の見え方がどう変わるかーーに

そして、自分の身心の変化にすごく興味がある。

 

気づくと、わりと多くの時間を、内感愉氣して過ごしている。

 

書き出さずに、その場ですぐやってしまうことの方が多いけれど、

 

時には、赴くままに書き出し、

 

その上で、

内感愉氣をしたり、

バイロンケイティのワークをやったり

 (これも、ずいぶん前からお気に入りだ)

心理の学校で学んだ方法を使ってみたりする。

 

おー!!!そうきたかー!!−−とか

この場処は、私にとって、かなり急所なんだなーーとか

過去、ここを誰かに刺されたのかもねーーとか

 

結構、びっくりな発見があったり、

 

時に理由もなく泣いて、スッキリしたりする。

 

辞められない。

楽しすぎる。

 

これはもう、完全に「趣味」だ。

 

そう気づいたのは、姉弟子のゆうさんと話をしていた時。

 

「趣味:内感愉氣」

 

分かってもらえる人は、かなり少ないかもしれないけど、

結構奥深く楽しいものですよ。

 

全てを内感愉氣していったときに、

何が訪れるのか、

【心の学校】ご参加の方ならわかってくださることでしょう。

 

(永井 晶)

 

 



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM