整体の学校一日目(の覚書き)

心理の学校から数えて3日目に当たる本日の「整体の学校」。

 

「心理指導」(言葉がけ)の天才であった野口晴哉師が「整体」を創始していった歴史的な背景や、長谷川先生の修行時代のお話など、興味深い内容も新鮮に味わいつつ。

 

 

今回とくに印象に残ったのが、実習の時間におこなった「椎骨の観察」での一場面。

 

組ませて頂いたのは、「椎骨の観察」をしたのが全くの初めて、との方。

受けさせていただくと、初めてとは思えないくらい、一つ一つの椎骨を捉えていらっしゃいました。

そこで私、「どうして出来るのですか?」とお聞きすると、

「たくさん(整体操法を)受けさせて頂いたからです!」と即答。(表現が違っていたらゴメンなさいm(_ _)m)

 

受けるだけで、こんなにも違うものかなぁと、自分を振り返り、少し遠い目になりました(笑)

が、本当にそうなのだろうなとも思います。

上達への、一番の近道…。

 

(櫻井 辰也)



カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM