そんなことが、整体(指導)の役に立つ

先日の【マスターコース】で

長谷川先生に整体(指導)をさせてもらった後、

 

「これまでやってきた稽古の方法がうまくいっていると思うから、

 続けていくといいと思うよ!」

 

という言葉をもらいました。

 

そういわれてみると・・・

確かに、技術的なけいこはやってきた。

けれど、それ以上に、「最近心がけてきたこと」が

実は、役に立っていたんじゃないかと思いました。

 

それは、

 

●『やりたい』と思ったことを、りくつでひていしない。

 そのときやりたいことをやる。

 しかも、時間をおかずにやる。

 「今」やる。

 

●心に浮かんだことを、行動に移す

 (頭でじゃましない)

 

 

そういうことは、整体(指導)とは無関係のようですが、

 

特に、「さっと手が行くところ」を大事にするーーという点では、

日常の中で、ふと浮かぶことを大事にする――ということが、

潜在意識教育になっていた可能性は、大いにありえます。

 

それは、つまり、自分の無意識を信頼するということ。

 

それが、自身の日常を豊かにし、さらに、

整体指導に役立つことでもあるのは、

このようなせいたい(しどう)のとくちょうなのかもしれません。

 

(永井 晶)

 



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM