こじらせたい

少し前のこと、いくつかの症状が3ヶ月くらい続いていたことがあった。


幸い整体指導は出来ていたし、

何より、少なくともこの3年ほど(あるいは十数年)の心身の偏りが、いろいろな症状を通して是正されている気がしたので、

早く治まらないように、ここまできたらできるだけこじらせて色々な波及が生まれるように…、と思っていた。


それらが消えていって、心身が風通しのよい透明な感じになった時はやはり嬉しかった。

そしてほどなく、意外な不調の波がやって来た。

症状を持っていることに飽きていたのもあって、あ〜あ… と今度の気持ちは後ろ向き。


そんな時に長谷川先生の整体を受けたら、「(胸椎)5番に出ているから、風邪だね」とのこと。

押さえられてものすごく痛いところがあり、「ここを押さえておくといい」というアドヴァイスのあと、


「今がチャンスですよ。(風邪が)よくなってしまうと、(その場処の)反応も引っ込んでしまうから。」


ーーそうか、やっぱりこじらせよう!  と単純に切り替わる私。


ただ、症状への抵抗が無いと、速やかに消えてしまいがちなのがままならないところ。

あとどれくらい風邪でいられるのか。その間に痛かった場処に愉氣をして、体と心の傾向をもう少し変えておきたい。


(佐野 裕子)




カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM