心の鎧

例えて言うなら、人は皆、目に見えない鎧(よろい)を幾重にも纏って生きているようなものかもしれない。


気づかないうちに自分に同化し、存在感すら分からなくなり、でも確実に自分を重くしている幾重もの鎧。


その鎧に気がつき、不要な重さを脱ぎ捨てて、どこまでも軽やかになっていくことができる。

新しい自分にぴったりの、軽くて心地のよい、カラフルな衣装を身につけることもできる。


ーー【心の学校】は、それを可能にするツールを身につけるものだ、と言える。


私も、もう何十枚の鎧を脱ぎ捨ててきただろう。

あなたもこれから、どれだけ軽やかに、さらに自分らしくなれることだろう。


生命すべてが持っている力。すでにあなたの中にある力。

【心の学校】で、その力を発揮するとはどういうことなのか、体感することができます。


(佐野 裕子)



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM