今年の紫陽花が、いつまでも瑞々しく長持ちした理由。そして人間も……

5月の下旬、実家のキッチンカウンターに活けられた紫陽花。


一ヶ月を超え、40日くらい花を楽しませてもらいました。



そして猛暑になった七月上旬、

庭で生き残っていたガクアジサイが同じ場所に活けられ、

「こんなに暑かったら、あまり持たないね」と言っていたのですが、


連日35度を超え、誰もいなくてクーラーがつかない日が何日か続いたりもしたのに、

8月に入っても、涼しげな青い花を保ちつづけ、

一ヶ月以上経って、つい先日、お役目を終えて旅立っていきました。



1つ目の時には、たまたま長持ちなのかな? とも思っていたのですが、

2つ目のガクアジサイの時に、長持ちの理由を確信。


5月に、実家に「滝風イオンメディック」がやってきたのです!


医療機器でもある「滝風イオンメディック」は、マイナスイオンが滝の何百倍!? ということで、本当に清々しい。


花がこんなに瑞々しく長持ちするなら、きっと人間もそうだよね、と話し合うこの頃なのです。


(佐野 裕子)










カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM