「うん大丈夫」のために

先日の北大阪の地震についで、西日本に被害をもたらした大雨。

被災された皆様には心よりのお見舞いを申し上げます。

 

 

私が住む近隣の地域でも避難勧告が発令されたり

しましたが、お陰様で大きな被害なく雨の後には

日常が戻っております。

そんな雨上がりの週末、お天気に背中を押して

もらうタイミングで「日本周産期・新生児医学会」

に参加してきました。

 

お母さんグループの代表として参加させて頂いた

シンポジウムのテーマは、「バースハピネス」

 

 

その中で、湘南鎌倉バースクリニックの日下先生が、

「陣痛はなぜ痛いのか?」とういう根源的な疑問を、

進化産科科学からの観点で発表されていました。

 

 

そこにはホモサピエンスが獲得した、「認知」という

能力が大きく関係しているという仮説。

 

 

つまりは、

「陣痛は痛い」という知識が負の感情と結びつく。

 

 

 

 

 

氣道では、【心の学校】等で「痛みと一つになる」

ワークというのをご紹介しています。

 

 

このワーク「陣痛」の波を受けとめるのにとても

有効で、私はマタニティお茶会等でもご紹介させて

頂くことがあります。

 

 

 

 

 

【心の学校】ではごくごくシンプルな方法で、

いろんなものを手放してゆきます。

 

 

8月の講座に向けて、7月には同会場で、

【心の学校(初等)ダイジェスト】

 内容などの詳細については、こちらもご参照下さい(チラシ)

を開催致します。

 

 

なんとなく落ち着かなかったり、

不安を感じている方、

「うん、大丈夫」

と肚で感じて頂けるひと時になるかと思います。

 

 

 

あたりまえの日常に感謝。

 



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM