暑い夏にぜひ試してほしいセルフケア

「あついですね〜」が合言葉の夏。

お困りのことも、多くの方が共通ですね。

 

熱中症対策をしたい

のどが渇いて水を飲むけど、おなかがちゃぽちゃぽ。。

クーラーは使いたくないけど、この暑さでは、使わないわけにはいかない。。

 

ごくごく簡単ではありますが、

整体的観点では、こんなことをやってみるといいですよーということをご紹介しますね。

 

 

 

●熱中症対策をしたい(夏の暑さでふらふらする時にも)

 

まず一番のおすすめは、「ひよめき」という場処を冷やすこと。

場処は、額と頭頂部の間くらい。

 

体が熱いなーという時にここを触れてみると、熱くなっていることも多いもの。

 

1枚のタオルを用意して、

冷たい水で絞って、その場処を冷やし、ぬるくなったら絞り直す

ーーーということを数度行ってみてください。

 

体の芯の熱さが取れます。(アイスノンを乗っけたりするのではなく、

このやり方で行うのがポイント!)

 

もっとひどい方は、その場処に、冷たいシャワーをジャーっっとあてること

数分。体が震えるほど、体を冷ますことができます。

 

 

●のどが渇いて水を飲むけど、おなかがちゃぽちゃぽ。。

 

のどが渇いて渇いて仕方ない時に、冷たい水をごくごく飲んでも、

体に吸収されません。

 

そういう時には、まず熱い飲み物を一杯飲んでみましょう。(これがやってみると、本当においしい!)

 

 

●クーラーは使いたくないけど、この暑さでは、使わないわけにはいかない。。

体にもクーラーがあるのをご存知ですか?

ちょうど、肩甲骨と肩甲骨の間くらいにある胸椎5(6)番のあたりに触れて、

なんとなく、鈍った感じがあったら、気持ちよく刺激してみましょう。

 

裏の中央を走っている筋肉も汗をかく急所。

そこを触れてみて張っていたら、そこもほぐしておくといいでしょう。

 

お薦めのグッズとしては、

『新林の滝』 これは、風自体が本当に涼しい!!(扇風機の風は生ぬるいですよね)

        マイナスイオンたっぷり含まれているのがみそのようです。

        毎年、ご注文がひっきりなしの人気商品でもあります。

 

『FUFネットハード』 エアコンから吹く風が、なんと空間を活性化!

            お値段も手ごろで、セットも簡単。これはやってみる価値ありです。

 

 

いずれにしても、

夏は、気持ちよく汗をかくこと(皮膚を開くというのは、体の温度調整でもありますものね)が

とっても大事。

 

汗を嫌わず、無理をせず、うまく対策をしながら、この夏を乗り切りましょう!

ご不明な点は、いつでもスタッフにお声掛けくださいね。

 

(永井 晶)

 



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM