お母さんの愉氣がいちばん。

先日大阪での指導日にご予約くださった

のは、1歳になったばかりのC君と、

そのお友達の10ヶ月のK君。

お腹にいる時から愉氣させて頂いて

いるC君。少し前から下痢気味とのこと。

 

 

捕食も順調にすすみ、最近のお気に入りは

旬の果物だそうで、ちょっと食べ過ぎたかな。。。

 

 

下痢については、消耗してしまうような激しい

ものでない限り、心配し過ぎず経過を見守ること。

水分不足にならないよい気をつけながら、肝臓に

愉氣したり、嫌がらないということなので脚湯も

おすすめさせて頂きました。

 

 

一方のK君は今回初めてだったのですが、この

10ヶ月深刻な便秘でお悩みとのこと。

 

 

子どもに限らず大人も、下痢は下るに任せるのが

いいのですが、便秘をほおっておくのはよくありません。

 

 

特にK君は自力で便を出したことがほとんどない

とのことだったので、愉氣のポイントはもちろん、

食事や水分の取り方、お風呂の活用の仕方等々、

お母さんが混乱していまわないよう、できるだけ

生活に取り入れやすいように、手当法をお伝えさせて頂きました。

 

 

とてもお子様想いのお母様で、(この日も遠方よりお越し

くださいました。)愉氣も実践してくだったことと思います。

そのあと、初めて自力で便を出すことができた!とご報告を受けました。

 

 

 

小さなお子様は特に、お母さん(お父さん)の愉氣が

何よりですが、時に個人指導をご活用頂けると、

よりいっそう愉氣も深まりやすいと思います。

 

 

 

次回中野の個人指導日は、

7月5日(木) 芦屋指導室(JR芦屋駅前)

*午前中は【体塾】を開催致します。どうぞ

あわせてご活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM