梅雨は実は、こんなに特別な時期でした

昨日、【音薬講座】開催されました。

 

この季節のポイントになる体の場処を確認しつつ、

最初にレクチャーがあったのですが、

 

「梅雨の時期に、一度でも、きっちりと汗をかいておけると、

その後、必要な時には自然に汗が出やすい体が作れる」

 

「本当によく(深い)自動運動が出た時というのは、梅雨時期が多い」

 

「自分にとって気持ちいい運動をした時は、

 それがほんの数分であっても、何十分もジョギングした以上に

 老廃物を含んだ汗をかける」

 

――――と、

梅雨に自動運動しないともったいない!今日はいつも以上にぽかんとしてやってみよう!

という気持ちになりつつ(笑)

 

(もちろん、自動運動をせずに、気持ちよく音を聞いているだけでもOK!なのです)

 

今日の、長谷川先生、竹内直さん、よしきさんの音の響きは、

 

いつもともまた違って、

 

意識しなくても、余分な力が抜け、自分のすべてを預けやすくもあり、

 

途中、大きな美しい波となって、

すべてのものを包みながら、どこまでも広がっていくようでもあり

(音のバイブレーションで、多くのものが癒された感覚がありました。

 もちろん、勘違いかもしれません)

 

「感動して泣いちゃった」という方もあり。

 

音の響きで、体が、心が、魂が、揺さぶられ、癒されることを

心底実感した時間でした。


(永井晶)



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM