「整体覚え書き」中頚について・・・

中頚について・・・

 

場所は、

頚椎4番三側(首の上から4番目の骨で、指三本くらい外側をさします。)にありますが、

大体首の中央あたりと覚えておけばよいでしょう。

 

ここは消化器、

左右重心、

泌尿器(腎臓、喉、耳)、

歯、

リンパの流れとも関係があり、

中耳炎のときなども押さえる重要な場所です。
 

また、

甲状腺ホルモンとも関係があるため、

生理の前にいらいらする方などは、

その時にこの中頚を観察してみてください。

きっと片側が硬くなっていると思います。

(左側が硬い場合が多いです)

 

その硬い側を蒸しタオルで8分〜10分くらい暖めると、

不思議とそのイライラが解消されます。

 

感情面で言うと、

この中頚がつかえていると余分な感情が起こりやすく、

頚椎4番が右に転移すると躁的な感情に、

左に転移すると鬱的な感情が起こりやすいのです。

(頚椎は顔を左右に倒した時逆に転移しますので、

顔が左に倒れていたら躁的、

顔が右なら鬱的になります。)

 

冬は引き締まりすぎが問題となりますが、

梅雨は緩みすぎが問題となります。

 

ですので、

今の時期に押さえる場所は、

もしくは緩みすぎている処(弛緩部)を押さえる時が多いのです。

 

座っている相手の後ろから、

親指を向かい合わせるように中頚に指をあてがいます。

 

詳しくは、

個人レッスンをご活用ください。
(2006年6月号会報「整体覚え書き」より転載)

 

☆☆ 整 体 塾 ☆☆
 (旧愉氣の会)

 

カレンダーを見ると「夏至」や「小暑」等の言葉が出てきました。

 

「夏至」を過ぎたあたりから、
夏まつりも日本各地で始まります。

 

夏休みのイベントは決まりましたか?

 

行動的な「夏」を楽しむための準備を始めましょう!

 

行動力をつけるには、
「足」の弾力が欠かせません!!

 

お互いに愉氣法(手当て)を行い合い、
心地良く体と心を整えましょう!!!

 

〇〇〇 今月のテーマ ○○○
☆考える「葦(あし)」よりも行動の「足」!
☆足の弾力をつけて夏を楽しもう!!

 

☆☆ 整 体 塾 ☆☆
 (旧愉氣の会)

 

日時:6月20日(水) 12時半〜14時
会場:横浜道場
講師:松岡 正彦
会費:会員2千円(月謝・回数券使用可)
一般2千5百円
※予約不要・一般OK・当日入金可



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM