CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「珈琲の学校」準備編 | main | 「珈琲の学校」本番編 >>
5月の「整体塾」風景 (in 東京道場)
0

    内容が「胸部+α」という、漠然とした告知をしていた東京道場での整体塾。

     

    5月27日(日)に開催致しました。

     

     

    「+α」の部分は参加者の顔ぶれによって考えようと思っていたのですが、蓋をあけてみればベテランのお2人。

     

    何でもこなして下さる&超少人数だったので、ちょっと応用も取り入れて遊んでみることにしました。

     

     

     

    まずは、「胸部操法」の練習。

     

    5月は胸を調整するのに適した季節。

    とはいえ、27日ともなるとちょっと遅いのですが、それでも残っていた神経系統の疲労をうまく取ることができました。

     

     

    「+α」の部分は、湿気が強くなってきたのを見ながら、梅雨の調律ポイしントをご提示。

     

    たとえば、腹部だとここを観察して、違和感があったらその場処はここから変えるとよい…

    ーーというようなことを色々と黒板に書いて、

    それを取り入れた「整体操法」を相手の方に行って頂きました。

     

     

    操法の前後で、体の動きの変化を観察したり、

    「今の私には、この場処はいらなかった。この場処はあったらよかった」というフィードバックをしたり、

    私の方から、リズムや操法の組み立てについてのコメントをさせて頂いたり。

     

    整体操法は即興なので、一律に正解・不正解というのは判断しづらく、

    「この場合だったらこうだよね」というコメントに終始せざるをえない部分があるのですが、

    この日はその部分も充実できて、操法のブラッシュアップにも繋がる時間だったと思います。

     

    部分(処)の練習、流れ(操法)の練習、どちらも必要で、どちらも面白いです。

     

     

     

    次回の佐野担当の「整体塾」は、

    6/9(土)に「自動操法&観察」をテーマに行います。

     

    これは、処の練習ではなく、操法の練習の原型というべきもの。

    (参考記事:無意識にまかせることが大事だと、分かったつもりでいたけれど……

     

    時間に余裕があれば、意識と無意識の比率を調整する練習をしたり、

    感覚的な操法を行ったり、

    色々なバリエーションで深めていけたらと思っています。

     

     

    現在開催中の「1年コース」受講生の方も歓迎ですので、お時間ある方はぜひご一緒しましょう!

     

    ★時間などはこちらをご覧ください ⇒ http://npo-kido.com/schedule.html#re03

     

    (佐野 裕子)

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 「整体」部門 | 11:11 | - | - |