「整体覚え書き」 下肢第三

下肢第三(つづき)

 

仰向けに寝て、

脛の骨とふくらはぎの筋肉の間の気になるところに愉氣をします。

 

この時に足の角度が重要で、
骨盤がそろう位置に調整してから愉氣を行なうと更に効果的です。

 

セオリーとしては、若い人はボワーッとしている側を、
年をとった方は硬い側を選びます。

 

(ここで言う「年を取った方」と言うのは、実際の年齢ではなく、
体の弾力の有無を指します。

つまり、年齢が若くても弾力が無い体は、
「年をとった方」に該当してしまうのです。)

 

ここの弾力がついてくると、

胸筋が緩み胸が開かれたような感じになり、
呼吸が楽になります。

(今回の下肢第三は、5月以降もつかえる場所ですので、是非ともお試しください。)

 

また、脛は心理的に将来に対する行動力と関係があり、
下肢第三に弾力がついてくると、
その人の心の中に行動を起こそうという事を考える余裕が生まれ、
実際の行動に移すことが出来るのです。

 

5月のうちにこの下肢第三の弾力をつけておくと、
腰に弾力がつき呼吸が楽になりなります。

 

そして、発汗がスムースになります。

 

この「積極的に動き、汗をかく」と言うことが、
初夏から夏にかけての最大の健康法ですが、
まだ今の季節は、時折り冷たい風も吹きますので、
汗を急激に引っ込めてしまう事(汗の内攻)には注意が必要です。

(クーラーの影響で、夏でも汗の内攻は注意が必要です)

 

睡眠中の隙間風に注意が必要なのは、
夏や秋に限らずこの季節も十分に注意してください。

(2006年「整体覚え書き」5月号より転載)

 

 

☆☆ 整 体 塾 ☆☆
  (旧愉氣の会)

 

5月も後半になり、
心地良い初夏からうっとうしい梅雨へと季節は変わります。

 

これからの季節は、
湿度が高くなるため皮膚呼吸がしづらくなり、
その結果、呼吸器に負担がかかってきます。

 

その様な季節に大切なことは、
肝臓へのケア」です。

 

肝臓と呼吸器、
全く関係無さそうですが、
実は深ーい関係なのです。

 

お互いに愉氣法(手当て)を行い合い、
梅雨を快適に過ごしましょう!

 

〇〇〇 今月のテーマ ○○○
☆梅雨だからこそ「肝臓のケア」!
☆梅雨の体を整えるポイントお伝えます!

 

日時:5月30日(水) 12時半〜14時
会場:横浜道場
講師:松岡 正彦
会費:会員2千円(月謝・回数券使用可)
   一般2千5百円
   ※予約不要・一般OK・当日入金可

 

 



カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM