感情に巻き込まれにくくなる

▼前回からの続き

 

例えば、誰かのそっけない言葉に傷ついたとして、

それはなんでか?と少し考えると、

 

その根っこには、

 

「人には優しくすべきである」ということや

「私は大事にされない人間なんだ」という観念(思い込み)が

あることに気づいたとする。

 

そうすると、そうか、私は、そういう考え方を持っていたから、

それを「嫌なこと」と受け取ってしまったんだな

 

と思える。

 

そして、

 

そう受け取ったのは、自分の責任だけど、

それは仕方がなかった。

だけど、それに気づけたから、このままその観念を持ち続けてもいいし、

その観念自体を違うものにしていってもいい。

 

たとえば、

「そんなに人にやさしくしなくてもいいのかも。」

「別に大事にされない人間というわけでもない」とか。

 

そう思えるだけで、

まぁ、いっか、と思える部分が増えるように思います。

 

▼続き

 

(永井 晶)



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM