選択するという自由

▼前回の続き

 

感情が、フラットな状態、ニュートラルな状態になるということは、

 

ぎゅーっと握りしめて動けなかった何かが、

ふわっとほどかれること。

 

ぎゅーっとかたまってしまった何かに、

すっと、一筋の風の通り道ができること。

 

―――そんな風にいうこともできるかもしれません。

 

あるいは、シーソーを思い浮かべてもいい。

 

バッタンっっっ!!!と、一つの方向に固定されていたものが、

解放されて、こっちにも行ける、あっちにも行ける、という状態になる

という感じ。

 

そこには、「選択」という「自由」が生まれます。

 

こっちもいい。

あっちもいい。

でも、私はこっちを選べる、ということ。

 

とっても、楽になれますよ。

 

▽続く

 

(永井 晶)



カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM