その場で、問題が問題でなくなることもある

▽前回からの続き

 

感情をたどってみると、

その根っこには、

何らかの、『観念』あるということを、

ここでは前提にお話を進めたいのですが、

 

仮にそうであったとしても、

それを自分で明確に認識できる場合と、

認識できない場合があるでしょう。

 

でも、それでいいのです。

実際、

「これが根っこじゃないかな〜」と思うことが、

実は全然違ったりするなんてことは、

きっとよくあることだろうと思います。

 

きっと、想像以上にたくさんの出来事が、

複雑に絡み合って、『観念』というのは出来上がっていくのでしょう。

 

表面にあって気づかないものもあれば、

私たちの深く深くに入り込んで、当たり前すぎて意識しにくくなっているものも

かなりたくさんあることでしょう。

 

 

ですので、私たちは、基本的に、『原因探しはしない』スタンスでもあります。

 

けれど、同時に、

「あぁ、確かにこれだ」という観念を見つけられた時と言うのは、

 

深い納得があるもので、(頭ではなく、体が納得する感じ)

 

それだけで、

問題(と感じていたこと)が、その場で雲散霧消するということも、

少なくありません。

 

▽続く

 

(永井晶)



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM