スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< 2017年度 主要講座の年間スケジュールについて(1月の予定を追記しました) | main | まぁるい・ことば歩き(12) >>

自分でも気づかない「頭」や「目」、「首」、「肩」の疲労に。

いま、

ご自身の耳に触れてみませんか?

 

のびやかで柔らかな感じがありますか?

ぎゅっとかたく縮まっていませんか?

 

耳殻と言われる、耳の外側の際の部分が、

軟骨のように硬くなっている人もいるかも。

 

左右の差があったり、

一部分だけ硬かったり分厚くなったりしているかもしれません。

 

それで何が分かるのか?

 

耳殻が硬い方は、

目や首など、神経系統の疲労があったり、

寝不足の状態であることが考えられます。

 

耳殻が硬い人だけでなく、

「目や首(頭や首でも)の疲れがあるなぁ」という方は、

 

以下の体操(私たちは「目の3点セット」と呼んでいます)

お試しあれ!

 

,泙困麓殻のかたい部分をよーくほぐしましょう。

 *単に横にひっぱるだけでなくて、ちょっと痛いくらいの刺激が効きます。

 *一説には、500円玉2枚でぱちんとはさんで血がにじむくらいでいいとも

  言われていますが、そこまででなくてもだいじょうぶですよ。

 *一人でやっても全然痛くない人は、ぜひ一度、当会指導者にやってもらってください♪

  きっと全然違う感覚が味わえますよ。フフフ

 

⊆鵑領呂鯣瓦い董頭を少し前に。

 中指や薬指あたりを目頭にあてて、軽く斜め上に押し上げるようにすると、

 目のくぼみの骨(眼窩)にあたりますよね。

 そうしたら、そのまま、その骨に沿って、目尻まで指を滑らせていきます。

  *目や頭がくたびれると、前頭骨が下がってくるので、

   その下がった骨を気持ちよく押し上げてあげる感じ。

 

 目尻まで行きましたら、軽くこめかみを上げるようにしましょう。

  *目頭から目尻まで行く途中で、特に気になるところがあったら、

   そこで指を止めて、じーっと愉氣をしても構いません。

 

N礁椶鯤弔犬董⊂指のラインをたどった手首に近い骨で

  (骨の場所が分かりずらい場合は、この文章の一番最後の写真をご参照ください)

 目をぐーっと押さえていきます。

 

 *これを行うときには「かならず」コンタクトレンズを外しましょう!!

 *どのあたりでおさえるか分かりずらい方は、この文章の一番最後を見てくださいね。

  *左目は左手で、右目は右手で押さえます。

 *この時、「目」で感じる圧が左右同じになるように、手の力を調整しましょう。

 *手を放した後、数分間目の前がちらちらと見えにくい状態になるくらい、

  きっちりと押さえていくのがポイントです。

 

 しばらく(数十秒程度でもOK)、目の前に見える模様を見たり、

 ぽかーんとしましょう。

 そして、ゆっくりと手を放していきます。

  *この後、両方の掌で目を覆ったり(=愉氣)、

   目の温湿布をしたりすると更に芯の疲れがとれてGOOD

 

神経系統に負担がかかってくるこれからの季節、

(年中、目や指や頭を酷使している私たち現代人にとっては季節を問わず)

多くの方にピッタリの体操です。

 

ただ耳の硬い所をほぐすだけで、

視野が明るくなったり、お顔がスッキリされたりもしますよ♪

 

ご不明なところがある方は、

個人指導や、体塾などでもご質問くださいね!

 

 

↓で、目をおさえる骨の場所

 

(永井晶)

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM