スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< 畑あそび日記 | main | 木曜日は、武蔵小金井のヒロ歯科へ >>

10月、肘に愉氣をしよう 〜10月の健康法まとめ〜

日中と朝晩の気温差が大きくなり、

湿度が低くてカラッと爽やかな日が多くなり、

 

いよいよ本番!ですね。

 

 

 

本格的な寒さが来る前の10月は、実は体を整えるための重要な時。

 

実は、一年で一番(!)「冷え」の影響を受けやすいので、

冷えたと思ったら「朝の足湯」をしたり、

 

 ●足湯の行い方はこちらから … 「あなたの『足湯』長すぎませんか?〜効果的な足湯の行い方〜

     ※ 本当は足湯の前に、冷えの影響を取っておけるとよいです …「これは便利、「冷えの急処」!

 

 

頭や目が緊張しやすい「冬」の前に、「穴追い」で神経系統を弛ませ、快適な心身をつくったり、

 

 ●穴追いについてはこちらから … 「穴追いの魅力を、皆様に伝えたい!

  (個人指導の時間にご体験頂けます。20〜30分 6000円(会員4000円)。)

 

 

 

そうしたことで、快適なを迎え、

さらに大きな体質改善の「を迎えられるわけですが、

 

 

もうひとつ、「整体」の創始者・野口晴哉先生が仰っていたことのひとつに、

 

「10月は、腕の季節」

ーーというのがあります。

 

 

普段から、腕には頭や目の疲労が蓄積されていることが非常に多いですが、

この時期は特に、様々な反応が腕に現れやすく、腕を用いて体を整えることが有効なのです。

 

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 

 

腕を弛めるための一番簡単なセルフケアは、肘に「愉氣」をすること。

 

 

愉氣というのは、「気持ちを向けること」で、簡単にいうと「感じること」。

 

そして、体でも心でも何でも、感じる」ことで不思議と変化してしまう!! ーーというのが、氣道メソッドのほぼ全てといってもよいほど大事なことなのです。

 

 (「感じる」のほかに「まかせる」もありますが、この2つで体でも心でも「全て」が解決してしまうと言っても過言ではないほど。)

 

 

 

そして、体を感じようとするとき、「手を当てる」ことをすると、より感じやすい & 効果が上がることも多い。

 

つまり「手当て」ですが、それは感じるために(つまり愉氣の延長として)手を当てているのです。

 

 

 

さて、肘への愉氣の行い方はとっても簡単です。

 

 

まず、左の肘を右の掌で包み込むように触れながら、何秒かその「感じ」を味わってみましょう。

 

次に、右の肘を左の掌で包み込むように触れながら、何秒かその「感じ」を味わってみましょう。

 

ーーどうですか?

どんな「感覚」が味わえましたか?

 

こうして「感じる」こと自体が愉氣ですので、これだけでも少し肘の感じは変わっているはず。

 

 

明確に言葉になる感覚でなくとも、「なんとなく」の感じがとても大切で、

 

体と心の力を抜いて、ただ気持ちを掌に集めれば、少なくとも無意識的には様々なことをキャッチしているはずです。

 

 

 

そして、左右の肘のどちらかに、特に「気になる感じ」「触れていたい感じ」があれば、その側にじっくり手を当てます。

(両方当てたい場合は、気になる側を後回しにするとよいでしょう。)

 

肘の中でも、特にこの一点が硬い! 気になる! ということがあれば、特にその場所だけに意識を集めてもOK。

 

最初に感じていた感覚がひとつ変化したら、静かに手を離しましょう。

 

 

 

神経系統が緊張すると、肘が尖った感じになることが多いのですが、

 

肘が緩むと、肩や首の力も抜けますし、頭がとてもスッキリしますよ!

 

 

ご自身で心地よさを味わったあとは、ぜひご家族やご友人にも愉氣してあげて下さい。

 

(うしろから包み込むように肘に掌をあてると行いやすいです。)

 

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 

 

腕の疲労を取るために当会でお薦めしているスペシャルメソッドは、何といっても「腕の3点セット」

 

(腕の疲労を急速に抜くための、3つの体操です!)

 

 

…… ただ、これは文字だけでお伝えすることがとても難しい! ので、整体をお受けになる時に「腕の3点セットのプリント下さい!」と仰って頂けたら、無料でプレゼントさせて頂きますね。

 

 

 

その他、乾燥が進むこの時期は、上手に水を摂ることが大切。(「水分」ではなく「お水」です!)

 ●参考記事 … 「水グルメになる季節、到来です。」/「水の飲み時〜いつでも飲んでいればいいの?

 

秋は泌尿器の季節、腎臓のケアも健やかに過ごす秘訣です。

 ●参考記事 … 「秋、腎臓に手を当てよう 」

 

 

 

その上で、プロの手当てを受けてさらに体の可能性を拡げたい! という方には「整体」を。

 ● 的確な観察と深い愉氣による整体 … http://npo-kido.com/plan/index.html 

 

手当ても受けたいけれど、自分にピッタリのセルフケアも修得したい! という方には、「総合指導」をお勧めします。

 ● 1時間枠(実質50分程度)、指導者を打ち出の小槌的に使えます … http://npo-kido.com/plan/lesson.html

 

 *個人的には、実はこの「総合指導」が一番コストパフォーマンスが高いと思っています。

 

 

 

冷えによる過剰な感傷や食欲をなくし、健やかな体と心で、感受性が細やかになる「秋」を十分に愉しんでいきましょうね!

 

(佐野 裕子)
 

 

このページの先頭へ▲

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM