Entry: main  << >>
自分の自由が、他を自由にする。
0

    先日、スタッフの内部稽古会で、

    長谷川先生に、

     

    「目を閉じて手を当てた時、相手の方の存在は、先生にとって何ですか?」

    ーーと聞いてみたら、

     

    「氣です」

    ーーというお答えだった。

     

     

    そうだよなぁ、と思う。

    (先生は同時に、「一方で物理的身体を調整することも大切なのです」とも付け加えられていた。)

     

     

     

    私たちの「存在」は、とても不思議だ。

     

     

     

    物理的身体だけではない。

     

    感情や思考、でもない。

     

    まさに「氣」というしかないような何かを、特に現場では感ずる。

     

     

    けれど、存在を「身体だ」「感情や思考だ」と捉えたなら、そのようにも感じられる。

     

     

     

    ゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

     

     

    先日、

    自分自身の「死の恐怖」や、「私は身体でしかない」という観念をクリーニングしつつ、

     

    がん末期で意識が混濁している方にお会いしに行った時、

     

    その方の目をじっと見つめていたら、ふと正気に戻られた、ということがあった。

     

     

     

    いつもそういう響きあいが生まれるとは限らないけれど、

     

    自分が「生命」をどう捉えているのか? ということは、想像以上に外界に響いている。

     

     

     

    「自分」の存在が自由になることが、思っている以上に「他」を自由にする。

     

    根本的には「他」というものは存在しないのかもしれない… と感ずるほどに。

     

     

    ゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

     

     

    「体」は、「心」は、もっともっと自由でいい。

     

     

    そして、自分が自由になった上で、

    互いにちょっとした「言葉かけ(心)」や「手当て(体)」ができたら、

     

    本当に素晴らしい響きあいが生まれる。

     

     

     

    そんな響きあいができる人が増えて、

    ゆくゆくはお友達や職場の同僚なんかと、ちょっと手当てをしあえるようになったら、

     

    本当に暮らしやすい世の中になるんじゃないかなぁ、とも思ってしまいます。

     

     

     

    今年度からリニューアルした【氣道の学校】は、そんな「氣道」のエッセンス。

     

    「体の学校」「心の学校」「心理の学校」「整体の学校」の、四部門の「初等」を集めた講座です。

     

     

     

    次回は10/29〜、日曜日、東京道場での開催。

     

    (詳細はこちら →★、講座PDFはこちら →★

     

     

     

    ご興味おありの方は、ぜひご予定をあけておいて下さいね!

     

    (佐野 裕子)

     

     

     

     

    *「氣道の学校」の中の「心の学校(初等)」は、今回からカリキュラムを大幅リニューアル。

     

     今までは、中等のメソッドを駆け足でたくさんご紹介しておりましたが、

     今回からは、基本的なところをきっちりと & 初めての方でもすぐ日常生活に生かして頂ける形で、組み立てる予定です。

     

     

     

     

    | 氣道協会スタッフ | 07:42 | - | - |

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode