Entry: main  << >>
あなたの『足湯』長すぎませんか?〜効果的な足湯の行い方〜
0

    「足湯」というと、

     

    一般的には、

     

    ふくらはぎ辺りまでをお湯につけて、

    10分以上、場合によっては20分くらい、

    ゆったり浸かるーという方が多いでしょうか。

     

    でも、本当に残念ながら、

    それだと時間が長すぎでなんです。

     

    なぜか?

     

    「びっくり」の画像検索結果

    10分、20分と浸かってしまうと、

     

    足首がゆるみすぎて、

    足首を壊す原因になったり、

     

    足首の引き締まる力が弱くなって、

    かえって「冷えやすい体」を作ってしまうんです。

     

    冷えやすいから足湯をしている方が多いのに、

    それではあまりにも悲しすぎます。

     

    ですので、みなさん、

    一度、次の方法を試してみてください!

     

    ***************

    ‐し熱めで気持ちいい温度のお湯を用意する。

     *温度計で何度と測らないのが大事なポイント!

      自分の手で、その時に一番いい温度を決めましょう。

     *粗塩など天然の入浴剤を入れるのはとてもGOOD!

     *さし湯用のお湯もそばに置いておきます。

     

    ⇔沼のくるぶしの中央くらいまで「6分」お湯につける。

     *時間はきっちり計りましょう。

     *この間にぬるく感じるようでしたら、さし湯をしましょう。

      (さし湯するときに、直接足に熱湯があたらないように注意!)

     *できたら、足の裏は床にぴったりくっついていない方がGOOD。

     *TVや読書しながらでは効果半減!ぽかーんとゆったり浸かりましょう。

     

    6分経ったら、両足を出して、タオルでごしごしこすり

     よく水気をとる。

     

    だ屬なっていない方の足があったら、

     その側だけさらに「2分」足す。

      *この時も、お湯の温度は、少し熱めで気持ちいい温度に。

      *湯につかっていない方の足には、靴下をはいておきましょう。

     

    ********************

     

    結構、細かい注意があるんですよね(苦笑)。

     

    でもこうすると、

    たった8分で、

     

    体の左右のアンバランスが整って

    風邪のひきはじめなら一晩で経過してしまいますし、

     

    心の調子までなぜか不思議に整ってしまうんですね。

     

    なんとなく、体の調子が悪い時、

    なんとなく、心の調子が悪い時、

    気持ちよく発汗を促したい時にも。

     

    とにかく、「まずなにかあったら足湯!!」。

     

    秋口は、朝方に行うのがおすすめです。

     

    (永井 晶)

     

     

     

    | 氣道協会スタッフ | 08:52 | - | - |

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode