Entry: main  << >>
水ぼうそうになりたい。
0

    8月20日(日)に行われた、「育児講座6」。

    テーマは「水ぼうそうの手当て」でした。

     

     

    水ぼうそうの時の経過やその時々の手当てなどを学び、

    「処」の用い方などに改めて感心しつつ、

     

    一番心に残ったのは、「あぁ、水ぼうそうになりたいなぁ」ということでした。

     

     

    水ぼうそうによって、腎臓が健全に育つ。

     

    それはつまり、股関節がしっかりしていることであり、

    第一ショ骨がきっちりしていることであり、

     

    「私がする、私が決める」という「自立心」が育まれる。

     

     

     

    私たちは、敢えて「通過儀礼」を設定しなくとも、

    おたふく・はしか・水ぼうそうといった症状が「通過儀礼」の代わりになって、

     

    それを自然に経過することで、「自然体」で過ごせる大人になってゆく。

     

     

     

    講座中に、自分の第一ショ骨や股関節・腎臓などに触れながら、

    「今から水ぼうそうにかかれる人が羨ましい…」としみじみ思ったことでした。

     

     

     

    お子さんがいらっしゃる方はもちろん、

    こうした「体の育ち方」を知ることは、人間理解の大きな助けになりますね。

     

    ご参加できなかった方は、追ってDVDも出ると思いますのでお楽しみに…。

     

     

     

    そして、もはや水ぼうそうにかかれない私たちは、他の方法で粛々と身心を育んで参りましょう。

     

     

    *第一ショ骨の「ショ」は、足篇に庶を書きます。

     

    (佐野 裕子)

     

     

     

    | 氣道協会スタッフ | 14:03 | - | - |

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode