スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< たまには脳のサビ落とし! | main | 夏の風景 >>

『運動法講座』開催しました@東京道場

少し涼しい風が吹く中、

運動法講座』開催しました。

 

6月からの『氣道の学校(体&心の学校)』参加者の方に、

今月のみの参加の方も合わせて7名の皆さんと共に。

行ったのは、

 

○前回の振り返りと宿題の確認

 

○健康法のエッセンスについての内容

 &活用するときのポイント

  私たちがお伝えしている”自分でできる体からのアプローチ”

 「健康法のエッセンス(運動法・呼吸法・皮膚からのアプローチ・食事・様々)」は

  どんな症状にも(がんにも肩こりにも)まずはこれを行うといい!という、

  とても汎用性が広く効果的なメソッドなのですが、

  この順番がとても大事なポイントなのです。

  (どうして食事がトップに来ていないのにもちゃんと理由があるのです)

 

○症状別のアプローチとして、

 目の3点セット、腕の3点セット、肩上げストン

 これらはとてもシンプルで効果的な運動法なのですが、

 やはり行い方にコツがあるのですね。

 これを行う最初と最後にお体の観察をし合いましたが、

 「全然変わらなかった」という方はゼロでした。すごい。

 

○立位での首からの自動運動

 目の3点セット等で、たくさんあくびが出た方が多かったので、

 さらに「任せる」運動が出ていらっしゃったのが印象的でした。

 首や肩、頭の疲れがある方は、最初に、3点セットを行っておくと、

 ぽかんとしやすくなりますね。

 

○自動運動の誘導法の確認&自動運動

 

先月から始まったこの10ヶ月のコースでは、

ただメソッドを覚えるだけでなく、

それを使うことで、10か月後、「確かに体(や心、周りの環境)が変わった!」と

実感してもらうことが、講師の私の一つの目標。

 

宿題の提示をすっかり忘れていた私に、

受講生の方から「宿題は?」お声をかけてもらい(とてもありがたくうれしかったです)

 

この2カ月でやったことのそうまとめ的な宿題を

出させていただきました。

 

来月は、8月19日(土)。引き続き「運動法」です。

脱力体操や、内感運動、操体法などをご紹介していきたいと思います。

(時間があれば、さらに、自動運動を深めるようなワークや、

 まだご紹介していない症状別のアプローチをご紹介する予定です)

 

これらも、

一回で体を大きく変えていってくれる重要な運動法でもあり、

感受性(気持ちいいという感覚)を磨く練習としても、最適。

 

コツをちゃんとつかんで行うと、効果が全然違ってくるものです。

 

もしよかったぜひご一緒に。

 

*横浜では8月10日(木)、大森では26日(土)の開催。

 担当は大高です♪

 

(永井 晶)

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM