CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 夏と言えば… | main | 『運動法講座』開催しました@東京道場 >>
たまには脳のサビ落とし!
0

    先日、久しぶりに「速読法講座」(初等)に参加して参りました。

    (7/16(日)横浜、長谷川先生)

     

     

     

    初めて氣道の速読法に出逢ったのは、もう15年ほど前のこと。

     

    その時は、3週間くらいかけて、読書スピードが4倍に変化して驚いたものでした。

     

    (その後、速読法の初等や中等の講師も度々させて頂いていました。)

     

     

     

    今回の受講動機は、

     

    この二年ほどの目の酷使によって、脳までも錆びついているような気がしたので、

    速読法によって自分の「情報処理能力」をアップさせたいということがひとつ。

     

    そして、情報処理能力 = 読書スピードもおそらく落ちているので、改めて速度アップさせたいなぁと思っていました。

     

     

     

    果たして、講座の最初に行う「読書スピードの測定」では、1分間に2400字程度。

     

    (日本人の平均は1分間に500〜600字程度だそうですが、

     私は速読講座体験者なのに、最速の時よりも2000字近く落ちていました。)

     

     

     

    講座中に、「眼球運動」を行ったり、

     

    (これが本当にばかにならないのですよ!!

     目や脳がいかに固まっていたのかよく分かります。

     そして、それがその場で解れてゆく感覚も。)

     

    目を弛める方法をいくつも行ったり、

     

    本の持ち方やめくり方をマスターしつつ、

    (この方法で、日常の作業の集中力を上げることもできます!)

     

    「目を積極的に使って、積極的に休める」という極意を改めて強力に認識。

     

     

     

    これさえ行っておけば、日常生活では努力なしに読書スピードが上がってしまうという「一生に一度のインプット」も行い、

     

    講座の最後の測定では、1000字程度はアップできました。

     

     

     

    その後も目のトレーニング&積極的な休め方を細々と続け、さらに読書スピードが上がっている実感があります。

     

    この方法だけで、1分間に5000字〜10000字くらいまで目指せるので、もうしばらく続けてみようと思っています。

     

     

     

    それにしても、「目」はそのまま「脳」に直結していますし、

    「目」との付き合い方をマスターしておくことは、脳のサビ落としをして、心身の流通をよくするための必須項目だな! と改めて実感。

     

    パソコンやスマホと切り離せない現在の生活の中で、「目が楽で、自由である」ことの快適さをしみじみ味わう日々です。

     

     

     

    速読法は、今年は特に角川が力を入れて講座を行っています。

     

    秋には長谷川先生も京都で講座を行う予定なので、

     

    未体験の方は、ぜひご参加なさってみて下さい。

     

    (佐野 裕子)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | その他の講座 | 06:13 | - | - |