スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< この春、整体を学びたい!と思ったら | main | 「いのち」に向き合う春 >>

バカになれ!?

先日、古い友人から十数年ぶりに連絡をもらい、それをきっかけにふと昔のことを思い出しました。


 
当時はアウトドアが好きで、時折山に登ったりしながら、年に2回、テント生活の徒歩旅行をしていました。


夏などは朝4時に起きて、飯盒(!)などを使って朝食の用意。

6時頃から歩き出して、1日に15〜30kgくらい歩き、休憩中に地元の見知らぬおばさまにスイカの差し入れを頂いたり。

時には通りすがりのおじさまがトラックの荷台に乗せて下さり、全身に風を受けるのが心地よかった。


 
そうして今日はこれくらいかな… という距離のところで適当な公園などを見つけ、
テントを張って、洗濯をしたり買い出しに行ったり野球をしたり。

夜はくだらない話をしたり、星を見たり、トランプをしたり。

そうやって3週間くらいかけて目的地に到達すると、他のチームも合流して、盛大に打ち上げ。



そんな環境の中では、常識の枠にハマりすぎるとつまらないので、「バカになれ!」というのがひとつの標語のような感じでしたが、

個性の強い人たちに囲まれながら、私はどうにも突き抜けたバカにはなれないところがあって、
それを周囲からも指摘されたし、自分でも気に病んでいました。



でも、改めて思い返すと、

当時は、同期の男子と口喧嘩して、土足で蹴られたら間髪入れずに蹴り返したり、
打ち上げの時に、服を着たまま湖に投げ込まれるのを楽しんでいたり、

私もそれなりにはバカだったなぁと思います。



そしてこの頃、「バカになる」ということを、整体をする上でのひとつキーワードとして捉えられるかな、とも思います。


もちろんそれは、行動としておかしなことをするというのではなく、

価値判断をオフにして、「今感じること」に没頭すること。


色々な知識や技術や型はとてもとても大切だけれど、

いらした方と向き合う現場において、それを自分の縛りにしないこと。



簡単なようで、なかなか難しい。

バカ一辺倒だと、”指導” にはならないし、
いい塩梅のバカになるのにも度量が要ります。



でも、やはり「習ったままのこと」をするのでは、整体の現場にはならないから。


今できることが完璧でなくて構わない。
ただ今は今の自分として、相手と響きあうだけ。



そして自分なりに「整体」に向き合い、自分の整体が少しずつ進化すると、自分の生命観も深まり、生きることがもっと愉しくなる。


ーー整体を学ぶって面白いな、とつくづく思うのです。



・・・


そんな私が皆様と共有したいワークを取り入れた、今回の整体法修得講座」


今まで整体の世界に敷居の高さを感じていた方や、全く初めての方にも馴染みやすい時間になると思います。

(今のところ、初めての方の割合がとても多いです。)



4月22日(土)スタート。

自分なりの整体を創りたいと思って下さる方、ぜひご一緒しませんか?  → ★

(佐野 裕子)

このページの先頭へ▲

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM