スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< 糸かけ曼荼羅作成会(2/19)まだ間に合います! | main | 芦屋道場4月の講座案内 >>

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」に行ってきました。

2月20日(月曜)に、

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」に行ってきました。

 ↓

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html

 

東山魁夷は、私の大好きな画家で、

2004年に横浜美術館で行われた「東山魁夷展 - ひとすじの道 -」以来、

久しぶりに堪能しました。

 

場所は、

茨木県近代美術館です。

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

 

品川や上野から特急が出ており、

1時間21分で水戸に着いてしまうので、

とても楽でした。

 

 

唐招提寺御影堂障壁画は、

日本画家東山魁夷が10年の歳月をかけて描いた画業の集大成といえる作品です。

 

今回は、通常非公開のこの障壁画全68面を公開する貴重な機会です。

 

また、障壁画を描くにあたって、

日本と中国各地を巡り取材を重ねたスケッチや下図、試作を紹介し、

完成にいたる制作過程をたどります。

 

 

所蔵作品展も行われています。

この美術館の所蔵する3900点を超える所蔵作品を、

年に数回の展示替されています。

こちらもとても充実していました。

 

 

 

 

 

障壁画を堪能した後は、

有名な偕楽園に行ってきました。

丁度、「梅まつり」の真っ最中でした。

 ↓

http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen06.html

 

 
 

 

公園に入る前から梅の香りに包まれて、

とても気持ちよく散策できました。

(とても広い公園ですので、

 時間に余裕をもっていかれることをお薦めします。)

 

もうすぐ3月、

外出が楽しくなる季節です。

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」は、

貴重な機会で、一見の価値ありです。

よろしかったら、見に行ってください。

(松岡)

 

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM