スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< エアコンがイヤシロチグッズに! | main | 8月13日(水)〜17日(日)事務業務(一部)のお休みについてのお知らせ。 >>

「長谷川先生に整体を初めてして頂いた感動を今でも忘れません」

身体の中で気になることは特に思い当たらず、何か症状が出ていた訳ではありませんでした。

「整体を受けるのもお稽古のひとつ」と
その当時整体法修得講座の中等(現・愉氣セラピスト養成コース)に参加していたため、

習っていることのひとつひとつが、どのようにつながるのか勉強をしたいと思いました。
 
先生の整体を受けたいと思いつつも、その当時金銭的な事情もありなかなか受けたくても受けられなかったのでした。
今振り返ると勝手にそう思い込んでいただけで、お金はなんとでもなったのです。
また整体を通して、そういった事情も改善していきました。
なんということでしょう。
 
整体をして頂いた翌日、体が無くなった!と思う程軽やかで吹く風が体の中を通り抜けて行きました。
今まで背負っていたものが手放せている。
心が晴れていました。
 
それに気が付くと同時に、今までの私の体ってなんだったのだろう。
自分のために何故もっと早く整体を受けなかったのだろうと後悔しました。
 
整体を受けずに過ごして来たそれまでの時間を、勿体なく思いました。
 
今まで体、重かったんだ。甲羅みたいに張り付いてたんだ。
だからその分余計に力を入れて、よいしょよいしょって頑張ってたんだ…。
 
身体が軽くなってはじめて、それまでの重さに気が付きました。
勉強のためはもちろん、身体にとって整体を受ける必要があったことも受けてみて分かりました。
 
エネルギーは有る。けれど上手く外に出ず、身体の中でぐるぐると渦を巻いて
頭ばかりで考えて、多くのエネルギーを無駄にしては疲れていました。
そのもどかしさといったらありません。
 
整体を受ける度に、身体の閊えが少なくなり、鬱滞していたエネルギーが身体を動かすエネルギーとして
本来の役目を果たすようになりました。
 
何も行動していないのに疲れて何もできない、そんな自分を責めて鬱々としている、
といった負のスパイラルから脱出できたのは長谷川先生に整体をして頂いたお陰です。
 
 
軽やかになった体と心を体験した後とそれ以前では、物の捉え方ももちろん違いました。
整体に出会うことなく過ごしていたらもっと、生きること、人生、日々のあらゆることをうんとこじらせていたでしょう。
 
1回受けただけでは勿体ない。先生の「氣」が体の中に残っているうちに1ヶ月に2、3回は受けていました。
 
整体を受け続け数カ月経ち、先生から
「朗らかになってきましたね」と声をかけて頂いたのです。嬉しかったです。
 
それまでの私は、ギスギスしていて心に全く余裕がありませんでした。
とてもキツイ印象を周りの方に与えていたと思います。

数年ぶりに会う友人や知人から、「すごく変わった」と驚かれます。
 
 
整体を受ける度に体に柔軟性が出て、変わったのは心です。
固くなった心が整体をして頂く度に、和らいで行きました。
何でもどんなことでも先生が笑って受け止めてくださるので、
安心して自分を受け入れることができるようになりました。

 
生きるのが楽。息をするのも楽。
 
これ以上の喜びはありません。
 
そして、願いが叶いやすくなりました。捉われが少なくなるからだと思います。
 
長谷川先生に出会えたこと、整体に出会えたことに感謝いたします。
 
これからも整体を受けることで学び、身体と心を育んで行きます。

(岡田奈緒美)

 
関連する記事

このページの先頭へ▲

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM