スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< ‘ ゆたかさ’をふくむ (13)’ | main | 製作日記 >>

「愉氣セラピスト養成コース」ご感想です (4)

佐野先生、素晴らしい講座をありがとうございました。


最終の講義を終え、道場から通りに出たときの澄み渡る気持ちは、本当に忘れられないものです。
 
同じ景色がこれほどまでに違って見える。
愉気の力ですね。
 
最後の実習で「愉気に満ちているから、もうなにも必要ない。」と先生の笑っておられた意味がよくわかりました。
 


夕飯をとり、その澄んだ気持ちが無くなっているのに気付き、
目を閉じると、すぐにあの感じが戻ってきました。

手を合わせ行気をすると、一層確かなものになります。


これからは、あの「愉気に満ちた」感じで暮らしていける。
 
この感覚を育てていただいたことは、
本当にどんなにお礼を申し上げても言いつくすことができません。

 

仙台へ帰り、「人に会う」時のその会い方が変わったのを実感します。
 
センサーが開きつぱなしで、チャンネルを回すだけ。
スロースターターだった私が、何の衒いもなく誰に対しても初めから「今」に参加しています。

「自分が変わった」と申し上げたのは、その予感からでした。



初等といいながら、
位置づけを明らかにしつつどんどん深めて下さり、
氣道の整体にとてもなじむことができました。

整体法修得講座のDVDを聴講し直していますが、
単語がわかるようになったので、沁みとおるように長谷川先生のお話が心に入ってきます。


 
昨日は早速入院している友人を訪ね、体をみてきました。

愉気をする私の激変ぶりに、
友人が物も言わずに感じ入っていたのがおかしかったです。



みなさんとお別れするときはお名残惜しかったけれど、

今、こうして愉気を通して体というものに向き合っておられる方たちがいる、
そこで教えていただける、と知ることは、
本当に大きな収穫でした。
 

これから先の人生というものも視野に入って参ります。
研鑚を積んで、また見参させて頂きたく存じます。



メールをお送りしたら、またすぐ新しい思いがあふれそうです。

とてもたのしみ。


また、ご報告させていただきます。

本当にありがとうございました。 (trmy様)



 ・・  ・・  ・・  ・・  ・・

 
仙台からこの講座のために横浜にいらして下さった trmy様。


穏やかな物腰の中に秘められた、
「なにがなんでも身に付けて帰る!」という、岩をも貫くような意志と、
 
本当に暖かく柔らかな掌が印象的でした。


trmy様の愉氣を受ける方々の至福のお顔が目に見えるようです。
 
ご参加ありがとうございました!

(佐野 裕子)

このページの先頭へ▲

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM