スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< 白き花たち | main | 夏の講座 >>

もっと良くなる

GWの【愉氣の学校】を経て、

ひとつ生まれ変わったような感じで、
なかなか良い感じの体感があったある日。

淨潤先生の整体を受けさせて頂く。


それまでの自分の骨格から変わったのか、
操法後、新しい体を馴染ませるように、しばし内感運動。



そして、翌日から久し振りに大きな反応!

体は動かない。
気持ちは落ち込む。

歯茎が腫れて、口があまり開かない。
歯も痛い。

(痛みによって、思考もうまく働かない。)



こういう時は、とにかく不調に抵抗しないに限る。

症状の山場は、自分が整体を行う日にちょうどぶつからない、
その無意識の采配に感心しつつ、

淡々とできる処置をして、
嵐が通り過ぎていくのを待つ。



それは、体や心がよりよくなるために起こること。

(例えば歯痛は、心理的な問題が解決された後に起こることも多く、
 今回も、虫歯ではなく心理的な脱皮に伴うもののように感じた。)



それは重々承知しながら、

けれども今回は、
【愉氣の学校】を経て、これから上り調子!と思っていた時だったので、

「なぜ、今?」
「別に今は、より良くなろうとしなくて、もう少しこのままいったらいいのに」
――と、意識では思っていた。



そうこうするうちに、
日常の中のある出来事から、

「今まで自覚できていなかった、早急に変化しなくてはいけない部分」が、急浮上。


必死にそれに適応しようとして、
なんとか脱皮が一段落したとき、

ちょうど、歯茎の腫れや歯の痛みも、終息していった。



そして振り返って初めて判るのは、

「やはりこのタイミングで変化する必要があった!」
「私は、変化後のこの感覚を欲していたのだ」
――ということ。



意識では「今はこのままで!」と思っていても、

無意識(体)は、
「今、もっと良くなるのじゃ」と思っていて、

あの時の整体によって、それを予め後押しして頂いていたのだ、
整体によって予め体の変化が始まっていたから、より変化を全うしやすかったのだ、
――ということ。



意識でどう捉えていようがお構いなく、
時には現状のバランスを壊して、
もっと良くなる。もっと良くなろうとする。


その生命の力を改めて感じると共に、

自分の意識が及ばない領域にまで、
的確に寄り添って頂ける「整体」の力を、
改めて感じた出来事でした。

(佐野 裕子)

このページの先頭へ▲

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM