スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< 石巻からの「風」 | main | 感覚を磨くもの・・・ >>

「からだの声」に耳を澄ませば

「『今』かしら・・・?」
そんな「からだの声」がきこえてきたのは、少し前のことです。

でもその時期はどうしても都合がつかず、【個人指導(整体)】を受けられそうにありませんでした。

「あー、受けるタイミングは『今』しかないのに・・・。なにかいい案はないかしら?」
「そうだ!【遠隔整体】を受けさせていただこう。」

そのとき、指がパチリと鳴りました。



 
東北に住んでおりますので、頻繁には道場へは伺えないのですが、
それでも普段から平均して1か月に1回は道場で操法を受けさせて頂いております。

でも、他のスタッフはもっと受けさせていただいているんです。

その中でも、ゆうさん(佐野先生)が一時期「年60()」受けられていらっしゃったのはもはや伝説(^^)
今でも平均して「週1回+α」受られているとのこと。うらやましいです・・・。

スタッフの先生方の集中力や元気のヒミツはこのあたりにあるのかもしれません。



「遠隔整体」・・・・・

道場に伺いますと、淨潤先生やスタッフの先生方が遠隔で【個人指導(整体)】を
なさっていることがあります。

はじめ、その厳かな雰囲気に圧倒されました。

その氣の凄さ・・・。


ーーーその凄さゆえに、今までの私にとって【遠隔整体】は少しだけ縁遠いものでした。


その「効果のすごさ」については、日ごろ皆さまからよくお聞きするところではあるのですが、
いざ自分が受けさせて頂くとなると、少しドキドキしてしまいます。でも・・・


「今!この時期!自分の体と心が受けたいと言っている!!」


そんな感じがしましたので、思いきって予約をさせていただきました。
(そういえば、道場へいらっしゃれない方への「今年のおススメ」の一つは【遠隔整体】でした♪)



当日は、リラックスして横にならせていただいていました。

直接触れられているわけでもないのに、上胸部からだんだん熱くなっていくのが感じられます。

「え・・・!?」

まるで本当に触れていただいているかのよう。

そして、その間はずっと淨潤先生の大きな氣に包まれている感じがしていました。


ーーー終わってからの体の変化にも驚きました。

今まで溜まっていたもの(毒素??)が、一気に体の外に排出された感じです。
かなりの変化を感じたので、その日はゆっくりと休ませていただきました。

少し気になっていた症状(ある部位の痛み)もあったんです。

実は、その二週間ほど前に【祈りの会・遠隔愉氣】(過去ブログはこちら)を受けさせて頂いており、
その際に症状が一つ和らいだのを感じていたのですが、この日の【遠隔整体】で一気によくなりました。

よくなるまでもう少し時間がかかるような痛みでしたのに、こんなに早く症状を経過させることができたのは、
よいタイミングで【個人指導(今回は遠隔整体)】や【祈りの会・遠隔愉氣】を受けさせて頂けたおかげだと思います。


【祈りの会・遠隔愉氣】は、ほぼ毎月受けさせて頂いておりますが、
ご神氣の愉氣によって、体と心(意識できていない部分も含め)が浄化されていくのをいつも感じます。
体の調子が一つ変わり、「プチ生まれ変わり」を体験できるというのも特徴の一つではないでしょうか。

それに対し【遠隔整体】は更なる浄化効果と共に、実際に整体を受けた時のように体そのものの変化が大きく、
「整体を受ける」ということの効果のすごさを改めて実感しました。

体が変わると運命も変わる・・・
私にとり整体を受ける日は「生まれ変わり&運命を変えていく日」でもあるのですが、

【遠隔整体】でもそれを体験できることは本当に有難いです。
 


もちろん、お越しいただける方は道場にてお受けいただくのが一番ではありますが、
どうしてもご都合のつかない方は【遠隔整体】もぜひご活用くださいませ!

 

・・・・・その日はまるで自分が道場で実際に受けさせて頂いているかのようでした。
実は淨潤先生(の氣)が「我が家」にいらっしゃるかも!?と思い、掃除までしたのですが、
取り越し苦労だったようです(^^;





ーーーこの日を境に、私の中にあらためてムクムクとわいてきた思いがあります。


「やっぱり、あの『氣』の満ちた道場で、実際に受けさせていただきたい!」


今までも「新幹線代」+「(その日によっては)ホテル代」をかけてでも道場へ通わせていただいていたのは
自分のからだが、その効果を一番よく知っているから。

受け続けることで、どんどん裡(うち)の感覚が鋭敏になり、
以前より「からだの声」に耳を澄ませることができるようになりました。

道場には私のように、いえいえ、もっと遠くからお越しの方も(^^)

皆さん『道場で直接お受けになる』ことの意味、そしてその素晴らしさをよくご存じだからこそ、
全国各地から道場へとお越しくださるのでしょう。





自分の体や心の動き、季節のリズムに合わせて整体を受けさせていただいたり、
家族や友人と愉氣をしあうことが、日々の暮らしの当たり前の風景になりつつあるこの頃。

もう一つ自分が変わりたいとき、いつも淨潤先生の掌があたたかく私を包み、そっと背中を押してくれます。


ーーー春に思い描いた夢を実行するのにピッタリなこの季節。

いただいた温かさを力に変えて、少しだけ前へ。

初夏の風にのって。

 
 (K.K)
 

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM