スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

<< ‘ ゆたかさ’をふくむА | main | 一期一会の大切な個人指導のために >>

積み重なっていくもの

冬がひとつ過ぎました。

この冬の私の小さくも大きな達成、それは・・

リップクリームなしで一冬を越せたこと!!

しかも、その存在を意識することさえもなかったということ。

 

・・・お笑いになりますか?(笑)。

・・いいのです。

リップクリームを使わないことがいいわけではないのですから(笑)。

 

ただ、目に見える形で実感できたことがうれしかったのです。

水がきちんと吸収できる体作りさえできれば、自然と手放せるものがあると。

 

(振り返ってみると、この冬は、これまでなかったくらいに、水がおいしくておいしくて仕方がありませんでした。
 以前は生水を飲む習慣さえなかったのに!!)

 

氣道に出会い、少なくとも月に2回の個人指導(整体)を受け始めて3年目の冬、

でありました。

 

 

個人指導を受けた時、

すぐに、または数日後、という短い期間で実感できる変化と、

数か月後、数年後に、ふと気づく変化があるように思います。

 

それらは、意識も及ばないところで、じわじわと動き始め、積み重なり、

ある一定量になったところで初めて、心や体、または環境や関係性の変化として、

具現化、意識化されるものなのかもしれません。

 

そうなのです。

体だけではないのです。

心だけではないのです。

起こることや、関係性も変わってきた実感があります。

(お恥ずかしながら、「以前はよくけんかしていたねー」と、よく夫と話しています。)

 

また、以前とは比べものにならないくらい、色々なことが巻き起こってもいて、

特に、年単位で振り返ってみた時の、その濃さというのは、ちょっと驚くべきもので、

去年のことがまるで数年前のことに感じられることもあるほど。
(これは、定期的に個人指導をうけていらっしゃる多くの方が感じられている事のようですね)

 

この数年、個人指導の他に、愉氣の学校にできる限り参加し、
自動運動に勤しんできたことの影響もあるでしょう。


ですが、定期的に個人指導を受けてきたということが、
その変化を早めてくれた、ということは確実に言えると思っています。


これは、受ければ受けるほど体が敏感になっていく、という愉氣の特性でもあるでしょうね。

セルフケアだけで心身の健康を保つことができることが本来なのでしょう。

いつか必要でなくなるために個人指導がある、とも思います。

しかし、一方で、
生まれてきたがゆえに、依存ではなく、他者の存在が必要であり続ける、
というのも、またよいものであるようにも思うのです。

 

(永井 晶)

関連する記事

このページの先頭へ▲

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM