Entry: main  << >>
【氣道の学校(愉氣の学校)】に行こう。行かなくちゃ!! 〜受講のきっかけ その◆
0
    さて、【氣道の学校(愉氣の学校)】の短縮版でもあった、この時の「一日瞑想講座」。

    まずはじめに『瞑想』や『愉氣』のレクチャーを受け、その後モノを観るワークを行いました。
    (実際の【氣道の学校(愉氣の学校)】では、この他にさまざまな身体感覚を使ったワークなどを行っていきます。)

    モノを「ただ観る」「それになりきる」ということを二人組でやっていきます。
    最初はうまくできず、また、なぜこんなことをするのかさえ分かりませんでした・・・。

    「  『ただ観る』  『そのものになる』  って?????」

    でも、ワークをつづけていくと・・・
     

    だんだん普通のペンやハンカチなどの中に自分が入り込んでいくような、
    本当にそのものとして存在しているような、不思議な感覚になっていきます。




    その後はお散歩です。
    外のさまざまなものに集中し愉氣をしていきます。
    (この「お散歩」を行うことで、瞑想や愉氣が劇的に深まりますし、いろいろな発見もあります。)



    自分の進度に合わせたワークを個々に行っていきます。
    何度か道場へ戻り、淨潤先生やサブの先生方にアドバイスをいただいてー。
     
     

    「うまくワークが進行していますよ。
    ○○さんは、次はこのように花や木を観てきてください。」

     
    石  ・  花  ・  木  ・  川  ・  雲  ・  空 ・・・・・・・・・・・・・・








     
     

    だんだん同じ風景が今までとは全く違うものに観えてきます。
    「3D」のように景色が目に飛び込んできたり・・・。
    いつの間にか別世界へ入り込んだよう。
    外のさまざまなものに愉氣をすることで、体や心も軽くなっていくのが感じられます。

     


    「お散歩って、意外におもしろい!不思議!!」

     


    もっとお散歩を続けたかったのですが、時間のためお散歩は終了(残念!)。
     


    道場へ戻るとほかの受講生の方々はすでに瞑想に入られています。
     

    私も負けじと(?)目を瞑ってみますが、最初頭の中は雑念だらけ・・・。
    それでも、モノを「観る」ワークやお散歩をしたおかげで、思考が鎮まりやすくなったようです。
    清閑で深い世界へと誘われるような心地になりかけた時、講座終了の時間になってしまいました。
     
     

    ーーーこうして私の「初」の瞑想体験は幕を閉じ、道場を後にしたのでした。

     


     


    「うまくはできなかったけれど、心も落ち着くようになったし、瞑想を体験できてよかった。」
     

    でも実は・・・目を瞑ってすぐにストーリー性のある夢まで見ていた私(^^;
    「『無の境地』って今の私にはまだまだ遠いものなのかも・・・たった一日だったし・・・」
    と少し複雑な気持ちでおりました。

     
     
     

    ところが、何日かたったある日のことー。
     

    自宅で何気なく部屋の中を見渡していた時です。
    何の前触れもなく、あのお散歩中に感じた「別世界」にいるような感覚に
    ストーンっと入っていったのです。

     
    そして、いきなり「あ!分かった!!」と・・・。
     

    精神世界の本などによく書かれている事柄の一つが、
    パッと一瞬で理解できたのです。

     

    「なーーーんだ。そんなことだったんだ。」

     

    それは本当に小さな出来事だったのですが、
    「言葉」や「頭」ではなく、
    「感覚」で理解できた(できたように感じただけかもしれませんが・・・)のは
    私にとって初めての体験だったのでとても強烈でした。

     


    ーー『瞑想』って、私が思っているよりもっと奥深いものなのかも。
     

    ーーー『瞑想』や『愉氣』の中には「何か」があるかも。

     


    「今度の【氣道の学校】に行かなくちゃ、行こう!!」と、心に決めた瞬間でした。





    少しだけ不安もありましたが、
    (一旦自分を白紙に戻すイメージがありましたので、
    「もしかして精神的にきついのかしら?」「わたしでも大丈夫かしら?」と。←大丈夫でした!)
    受講を後押ししてくれたのは、淨潤先生や氣道協会へのご信頼、
    そして、再会した時のゆるぎない自信に満ちた岡田先生の瞳だったように思います。



    でもその時の私は、その後【氣道の学校】を受講したことで
    さまざまな体や心の変化や、今まで知らなかった世界を経験させていただくことになるとは
    思ってもいませんでした。

     

    ・・・次回から私の眼を通した【氣道の学校】について書かせていただければと思っております。
    何回かにわたりますが、お付き合いいただければ幸いです。


     

    今年のGWは【愉氣の学校(氣道の学校)】で!
    http://npo-kido.com/schedule/special.html#yuki
     

    ご受講された方々のインタビュー&ご感想文はコチラです。
    (少し下の方にスクロールしてご覧くださいませ)

                                                            (K.K)


     

    | 氣道協会スタッフ | 18:45 | - | - |

    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode