「整体覚え書き」「大転子」

・臀部(大転子)

 

春の変動で、
一番ダイナミックに変わる処は骨盤ですが、
それだけに大切なポイントとなるのです。

 

そして、
骨盤全体を整えるときにとても良く使うのが、
今月ご紹介する臀部(大転子)です。

 

場所は、
うつ伏せになった状態で臀部を上から押さえたところを言います。
(解剖学上の大転子は、

腿の骨が股関節とつながっているところの外側にある出っ張りの事を指します。

ですので、整体で言う大転子とは違うのです。)

 

この場所は、
骨盤の全体的な調整はもちろん、
神経、生殖器、リンパの流れに関係し、
股関節の調整(腰椎1、3、4番に関係)にも使います。

 


「えッ」こんなところで出会うなんて!・・・「ありですか?」

春らしい陽気になりました。

表に出かけることが楽しくなってきました。

 

久しぶりに鎌倉に遊びに行きました。

 

お気に入りで、

気軽に行ける場所として、

スターバックス御成町店があります。

 

このお店は、

「フクちゃん」で有名な漫画家、

横山隆一氏の邸宅跡地に建てられました。

 

他のお店と違う所は、

中庭が見れると言うこと!!

素敵なテラスがあり、

犬の散歩の途中でもコーヒーを楽しむことが出来るのです。

 

しかし、

まさかあんなペットに出会うなんて…!!

 



 


「春の穴追い」お薦めです!

1〜4月は、

一年の内で一番ダイナミックに体が変化する時期です。

 

この時期にお体を整えると言うことは、

一年の土台をつくるのにとても大切なことなのです。

ダイナミックに動くと言うことは、

小さな刺激でお体を整えることが出来るので、

「穴追い」を効果的に使うことが出来るチャンスでもあります。

 

そこで、

私が担当する個人指導の時には、

全ての方に「穴追い」を取り入れた操法を行いますので、

ご興味のある方はお待ちしております。

 

(期間:4月上旬ごろまで行う予定ですが、

季節の変化により早まる可能性も有りますのでお見逃しなく!)

「穴追い操法」だけのご希望の方もご予約お待ちしております。

 

松岡正彦

☆☆身近な方と「穴追い」を楽しみたい方は、「穴追い講座」をお薦めします☆☆

日 時:3月6日(水曜日)13時半〜16時半、16日(土曜日)12時半〜15時半

会 場:横浜道場

講 師:松岡 正彦

受講料:一般 4,000円 / 会員 3,000円 / 再受講1,000円引き

    ※要予約(事務局までご連絡ください→045-261-3300)、当日入金可


 


「整体覚え書き」「尾骨」

・尾骨

 

そして、
これからの季節からは、
この緊張を緩めようとして起こる体の反応が「花粉症」なのです。

 

話はそれてしまいましたが、
尾骨はエネルギーを沈静化する働きがあるのです。
(ちなみに、逆にエネルギーを活性化するところは仙椎です。)

 

また、
眠りが浅い人の特徴は、
片側の快活量が少ない(肋骨が薄くなっている側)のですが、
尾骨は肺活量が少ない側にも曲がります。

 

そのような時に行うのが「眠りを深くする操法」です。

 

この操法は、


「整体覚え書き」「尾骨」

・尾骨

 

尾骨は、
仙椎の下にある「しっぽ」のような骨の事で、
嬉しい時は右側に、
悲しいときは左側に動く表情が豊かなところです。

 

尾骨は、
頭の働き(神経)、呼吸器、生殖器と関係が深く、
子共のときは3個あり、成長すると普通は4個になります。

 

頭の働きの良い人は、
まれに5個ある人もいます。
逆に、


畑あそび日記

今年初めての「畑あそび日記」です。

 

久しぶりの投稿です。

 

冬の畑は、

静かですので、

つい、投稿をお休みしてしまいました。

 

そんな中、

キャベツはしっかりと育っています。

 

 


「整体覚え書き」「上肢第一」

・上肢第一

 

頭の緊張や疲労しているときは、
手首が広がり、
肘の動きも悪くなります。

 

また、
手首や肘が疲れてくると頭の動きも鈍くなるのです。

 

(言葉が浮かばないときなど、
無意識に手を動かしていたと言う経験は、
皆様もあると思います。
また、重い精神障害の方は、
肘の緊張が抜けないため腕が伸びないで、
絶えず曲がった状態になっています。)

 

 


「整体覚え書き」「上肢第一」

上肢第一

 

今月ご紹介したいところは、
「上肢第一」調律点です。

 

この場所は、
「鎮心の急所」と言われ、
焦り、不安、不満などで頭の中がもやもやする時などに、
この場所を押さえると静まってきます。

 

場所は手のひらの中央にあり、
漢方で言う「労宮」というツボのことです。

 

 


「整体覚え書き」:「腹部第一」

・腹部第一

 

今月は、

腹部操法で一番基本となる腹部第一です。

この場所は、

邪気吐出法の時に指で押さえますので、
ご存知の方も多いと思います。

 

位置は、

剣状突起から指三本分下にあり、
一般的には鳩尾(みぞおち)と呼ばれています。

 

(剣状突起から指を下に滑らせると、

皮膚が緩んでいるところがそうです。
人によっては、

押さえた時に違和感を感じるかもしれません。)

 

腹部第一は、

神経系統の緊張・弛緩が集約される場所で、
息を吸っていても吐いていても緩んでいる=「虚」が理想の状態です。

 


あきらめるな、パドリングしつづけろ! By ジェリー・ロペス

この写真は、

ある方からの誕生日プレゼントです。

外側の黒いところは、
炭で出来ており空気を浄化してくれます。

 

頂いてから3週間ほどして、
向かって右側の茎の葉が黒ずみ枯れてしまいました。
せっかく頂いたのに枯らしてしまっては申し訳ないと思っていたのですが、
すべての葉が落ちた後、
その横から新しい芽が生えてきたのです。

 

続きを読む >>


カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM