スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

まぁるい・ことば歩き

月末の講座に向けて、あれやこれやと、

調べものをしている時に出会った書籍です。

著者の視点が、何とも、暖かで面白い。

 

 

まぁるい・ことば歩き

『鬼平犯科帳』の著者・池波正太郎さんの旋盤見習工時代のお話。

 

まぁるい・ことば歩き

子供が知らない間も降り注ぐ、親の想い、そして深い愛。

日常、色々な人達との関わり合いを通して、

様々な想いや愛に気づかせてもらっている。

未熟故に、今になって、やっと、気づく事もあるけどね・・・(^^;)

この書籍の中のヘレンケラーさんとの出会いのエピソードからも、

色々なことを感じさせられる。

長いですが・・・(;^_^A

 


 

‘ ゆたかさ’をふくむ (37)’

「今回も、皆を守ってくれて、ありがとね〜」

出しっぱなし、使いっぱなしでは、生れてこないであろう心の動き。

 

一つ一つに触れながら、

 

「あらら、左右で痛み方が違うね。前だけ、後ろだけ痛んでるね。

横っちょが凄いね。この人は丁寧に扱ってくれたね」

 

本当に、草鞋さんは、正直に、色々な事を教えてくれる。

使った人の心模様まで・・・(妄想です(~_~;)

 

手当てが必要だと感じたら、サッと・・・


この中には、五年以上、お世話になっている草鞋もありますよ。

応えてくれています。


まぁるい・ことば歩き

電車の中で、本を見ながら、不意に、涙が、こぼれ落ちる。

みやけん自身の何かに響いていた(^-^)

 

まぁるい・ことば歩き

先日、友人より薦めてもらい、久しぶりに、このジャンルの本を手に。

 

20代の頃に、同じようなジャンルの本を、たくさん読んでいたのですが、

ぺージをめくってみると、どんどん引き込まれて、一気に読了()

 

また、同時に、読んでいた本とも、色々重なり(ToT)

 

 

まぁるい・ことば歩き

学びや気づきは、

日々の営みの中に、ちりばめられているのかな(´▽`)

 

まぁるい・ことば歩き

オープンになるって、

外側に向かっての事ばかりだと思っておりました(^_^;

まぁるい・ことば歩き

目の前の人を、本当に、尊重しているのだろうか。

 

そんな言葉や、振る舞いになっているだろうか。
 

‘ ゆたかさ’をふくむ (36)’

『他の人を思いやる。違いを受け入れていく。相互理解。』

(-_- )うーん

つもりになっているだけで、なかなかね〜(^_^;

反対に、自分と違う所を捜して、攻撃してしまったり・・・
こんな広々とした心でありたい(笑)
続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM