スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

まぁるい・ことば歩き(13)

友人が、彼女に初めて贈ったプレゼントが、この本。

その友人も、愛でたく結婚。

 

新居に遊びに行った時に、色々なお話の中で聞いたエピソードの一つでした。
本を初めてのプレゼントにチョイスする。

 

みやけんに、この感受性はなし・・・(;・д・)(笑)

まぁるい・ことば歩き(12)

サラサラと、心地よいリズムの文章に、一気に読了(´▽`)。

興味を惹かれるテーマには、

ミシマ社さんからのリリースされた書籍が多いなぁと、最近、発見♪(´ε` )
 

 

まぁるい・ことば歩き(11)

友人から、はいっと手渡された本。
帰りの電車から読み始め、その日に読み終える。

秋の繊細な感覚に触れるかのように、フッと、こころが緩み、暖かな気持ちに・・・

 

 

‘ ゆたかさ’をふくむ (39)’

先月、剣武天真流剣術の演武会に参加しておりました。

今年で、三度目の演武会。毎年、スタッフや友人も駆け付けてくれて、

さながら、父兄参観のようですが、本当に、有り難い事です(*⌒▽⌒*)

 

  今年のみやけんの演目のテーマ


 

‘ ゆたかさ’をふくむ (38)’

  

 焼き肉屋 大東縁さんの女将さんのお薦めのお豆腐。

 表面は木綿、中身は絹ごしのトロトロなお味。

 


様々な価値観の人達と共に暮らし、

そして、その価値観によって、生きやすくも、生きづらくなったりも・・・(^^;)

そんな色々な事を感じている自分自身が、ほんとに、面白い。

心理療法&現代催眠修得講座の教材の付属のテキストの中にある文章に目が引かれた(笑)

今までにも、何度か、目にした詩ですが、

その時々で、受け取るメッセージが違ってくるのが、また面白い♪(´ε` )

 

以下です・・・
 

 

 

まぁるい・ことば歩き

その段階に、行かないと、本当は、分からない事でも、教えてもらったり、

本を読んだりして分かったつもりになっている事が、なんて多いのだろう(^_^;

今は、販売されていない幻の本。平成五年初版。

久しぶりに目を通してみると・・・

 

 

まぁるい・ことば歩き

これも、講座の準備で出会った書籍。

 

保助(足りない部分を補うのでなく、存在するものを研ぎ澄ます。

増やすのではなく磨くというスタンス)盲想(目に見えない世界を思い描くテクニック)の思想」にも共感。

 

 

まぁるい・ことば歩き

月末の講座に向けて、あれやこれやと、

調べものをしている時に出会った書籍です。

著者の視点が、何とも、暖かで面白い。

 

 

まぁるい・ことば歩き

『鬼平犯科帳』の著者・池波正太郎さんの旋盤見習工時代のお話。

 

まぁるい・ことば歩き

子供が知らない間も降り注ぐ、親の想い、そして深い愛。

日常、色々な人達との関わり合いを通して、

様々な想いや愛に気づかせてもらっている。

未熟故に、今になって、やっと、気づく事もあるけどね・・・(^^;)

この書籍の中のヘレンケラーさんとの出会いのエピソードからも、

色々なことを感じさせられる。

長いですが・・・(;^_^A

 


 

続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM