スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

水の飲み時〜いつでも飲んでいればいいの?

9月になってから、

「ああ、のどが渇いたな」という日が増えてきました。

そのことで、「ああ、秋なんだな」と実感します。

 

整体の世界では、

空気が乾く『秋から冬にかけて(秋分から春分まで)』が

 

体にとってお水がもっとも必要な時。

(夏は反対に、それほどいらない季節とも言えます)

 

あなたの『足湯』長すぎませんか?〜効果的な足湯の行い方〜

「足湯」というと、

 

一般的には、

 

ふくらはぎ辺りまでをお湯につけて、

10分以上、場合によっては20分くらい、

ゆったり浸かるーという方が多いでしょうか。

 

でも、本当に残念ながら、

それだと時間が長すぎでなんです。

 

なぜか?

 

「びっくり」の画像検索結果

人生で大事にしたいことを、手あてが教えてくれる

9/2(土)〜3(日)、「整体の学校」を開催しました。

 

目的は「手当て(愉氣)をベースにした手当てができるようになる」、

ことではあったのですが、

 

今回の受講生の顔ぶれを思いつつ、頭に浮かんだのは、

 

ほんとうに

できるだけの知識、技術、考えることは脇に置いて、

 

『ただ感じる(相手との一体感)』ことを、

そして、

そこか生まれる何らかの感覚を、

 

とことん!!楽しんでみる講座にしてみようということでした。

 

伝わってくるもの

星野道夫さんが好きです。

 

 

 

すでにあることを思い出す

9/2(土)〜3(日)に行う

「整体の学校」の準備をしながら、改めて考えていました。

 

 

知識や技術もなく、

ただ、気持ちを向ける(愉氣)だけで、

ただ、手をあてるだけで、

 

なぜ、体に確かな変化が起きるんだろう。

(私たちは、それを背骨の変化で確認しています)

おいしく淹れる

愉氣、というのは、

手をあてること、ではなくて、

気持ちを向けること、なので、

 

日常の色々な場面で、いろんな遊びができます。

 

 

風自体が涼しいのです

暑い夏はどこへやら・・ですが、

 

新林の滝、

我が家でもこんな感じで活躍中。

(修理から帰ってきました)

 

やっぱり、猫も好きみたいです。

 

 

なんといっても、

吹く風が、涼しい。

ただ空気をかき混ぜているだけじゃありません!

 

(永井 晶)

手を触れる

整体の練習も兼ねて、

仕事から帰って来た夫の背中に触れることも多いのですが、

 

(触れなくても、まとってくる空気だって違うわけですし、

 触れることだけが整体ではないわけですが)

 

毎日、やっぱりその感じが違うものです。

大人である自分も忘れて

19日(土)【運動法&呼吸法講座】開催しました。

 

自動運動以外の

代表的な運動法(操体法、脱力体操、内感運動など)をメインに

ご紹介したのですが、

 

そのうち、

いちばん紹介してよかったなぁと思ったのが、

 

『内感運動(ないかんうんどう)』。

 

新月です

少し目を閉じて、

 

あらゆる奇跡を起こしてくれる魔法のランプが

あなたの手元にあると想像してください。

 

少しわくわくできましたか?

そしたら、

続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM