スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

手をあてるだけでは、「手当て」にはならない

開催後、すでに1か月経とうとしていますが(苦笑)、

1022日【手当て法講座】@東京道場、開催しました。

通年参加の方に単独参加の方も交えて7名の方のご参加。

 

テーマが「手当て」なので、

文字通り「手をあてればいいのでしょ?」と

思われるかもしれませんが、

さにあらず。

天国と地獄は、いつでも自分の中にある

たとえば、何かにいらだっている時、

美しいお肌と繊細な感受性を磨く「お水の飲み方」

 お水が最高の「お薬」になる季節。

おすすめの飲み方は色々ありますが、

そのひとつは、唾液と混ぜて飲むこと。

 

お水を含んでぐちゅぐちゅやってもいいのですが、

もっといいのは、

自分でも気づかない「頭」や「目」、「首」、「肩」の疲労に。

いま、

ご自身の耳に触れてみませんか?

 

のびやかで柔らかな感じがありますか?

ぎゅっとかたく縮まっていませんか?

 

耳殻と言われる、耳の外側の際の部分が、

軟骨のように硬くなっている人もいるかも。

 

左右の差があったり、

一部分だけ硬かったり分厚くなったりしているかもしれません。

 

それで何が分かるのか?

 

”決める”だけ。

先日、ご縁をいただいて、心屋仁之助さんのライヴへ。


くぎづけ

普段の生活の中で、何かにみとれるということは

あまりないのですが(それも残念なことですね。苦笑)、

 

小雨降るもみじ市(こういうところが好きなのです)で、

あるお花屋さんの前で釘づけ。

いま、を感じる

気持ちがざわざわしたり

不安や恐怖感があったり、

思い煩う気持ちをどうしようもできない時

 

それをどうにかしようとする前に、

 

軽く目をつぶって、

自分の「呼吸」を感じてみましょう。

 

「秋の空 雲」の画像検索結果

 

まずは自分から

数か月ほど、

自宅の前に誰かの自転車が置かれることがあって

 

それを見かけるたびに、

どうしたものかと思っていました。

打撲の影響

私も以前、横浜で何かの拍子に頭をぶつけてしまい、

その影響で、少しの間、頭がふらふら・・・

 

スミさんが気づいて愉氣をしてくれたのですが

(ありがたかったです。合掌)

 

10分くらい、かかったでしょうか。

 

最初は打ったところ、

そして、目や尾骨に。

打撲の影響

ちょっと何かにづまずいて、どこかを打ったり

ちょっとした拍子に頭をぶつけたり、

足をくじいたり、ということ、

 

大人になってもあることだと思うのですが、

(私だけ?)

 

みなさん、そんな時どうしていますか?

 

「いったーい(痛い)」

&「恥ずかしい・・」で、

 

すぐにその場を立ち去ってしまっていませんか。

 

でもちょっと待って!

そこが、その後を決める大事な急所なんです!!!!

 

続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM