からだとの付き合い方

整体指導や体塾など、

体からのことをさせてもらっているのに、

ブログには、ほとんど体のことを書いていないなぁと思う。

 

体のことは体にお任せしている――

基本的にはそうだ。

 

体がかゆくなっても、

便が緩くても、

どこかに違和感や痛みが出ても、

基本的には、あまり心配せずに経過を見守っている。

(その時にやりたいと思うケアがあれば、それをするけれど)

 

体への信頼が、いつでもベースにある。

たぶん、それは大きい。

 

そして、季節ごとの変化等について、

ある程度知識的に知っていることも助けになっているところもあると思う。

 

あとは、できるだけその時その時を、

「快(気持ちいい)」状態でいること、

それは、すごく大事にしている。

(そうすると、余計に、体さんが勝手にいいようにやってくれる)
 


他人の手だからこそ

小雨の中、

ちょっと考え事をしながら歩いていたら、

つるっと足を取られて、右ひざをついてしまいました。

 

こういう打撲の影響の大きさは身をもって知っているので、

近くにちょっと座って自分ですぐに手当てを。

 

右ひざから、頭や目、右首などに響いていくのを感じていたのですが、

もうこれ以上は一人では限界だと思い、すぐに自宅へ。

 


変化し続ける者同士だからこそ響きあえるものがある

ひとつ大きなクリーニングが終わり、少し落ち着いたところで、

整体指導を予約してくださった方がいらっしゃいました。

 

毎月1回程度いらっしゃって下さっている方なのですが、

 

受付をしているときに、

すでに「ん?」と思っていらっしゃるのが伝わってきて、

やはり勘のいい方なのだよな・・と思いつつ、整体指導へ。

 


私を通して誰が泣いているのか?

 

時々、ふと大きなクリーニングの機会が訪れることがあります。

 

最近のそれは、ある方の整体指導前に、内感愉氣をしていた時でした。

 

いつも違和感のある体の場処ではあったのですが、

 

その日は、違和感が消えていくのではなく、

どんどん動き出して、

最後には、私を通して誰かが泣き出してしまいました。

 

 


生き方が佇まいに現れる

7月1日に開催された【天真と天心】、

 

ゲスト講師のウィウソンさんの、

「青木先生*も長谷川先生も変人」という言葉や

 

長谷川先生との掛け合いに笑いが絶えない講座でしたが、同時に、

 

*”世界の青木”ともいわれる青木宏之先生のこと。ウィウソンさんの師匠。

 

とても美しい時間でした。
 


リース

伸びてきたハーブをカットしながら、

そのハーブでリースを作りながら、

 

この命は、これで喜んでくれてるのだろうかと

考えてしまう。

 


ほっと一息。お疲れさまでした

みなさんにとって

今日はどんな一日でしたでしょうか。

 

私もやっと一息。


(写真、なんで横になっちゃうんでしょう・・)

 

一日一生。

今日も健やかに死んで、

また明日、新しい世界でお会いできますよう。

 

(永井晶)


私にとっての気づき「援助とは何か?」@整体の学校

個人的なことを申し上げれば、

今回の【心理の学校&整体の学校】で一番心を揺さぶられたのは、

初日。

 

「援助とは何か」

「実際受けて、一番聞いた援助は何だったか?」

 

という問いかけでした。

 


驚き@【整体の学校】

5月16日〜始まった【心理の学校&整体の学校】も、

いよいよ、次の土日で最後になりました。

 

2011年に氣道協会に出会って以来、

自分自身も欠かさず参加し、皆さんとご一緒してきた講座ですが、

 

気になる、手が止まるーーという感覚

感じるーーという感覚に、

 

参加者の皆さんが、何の抵抗もないことが

私にとっては、まず驚愕でした。

 


一人虫セッションで訪れた世界

ひょんなことから、

長谷川先生に「一人虫セッション」をするよう

アドバイスされました。

(「一人虫セッション」というのは、クリーニングの方法のひとつで

 【虫講座】では二人組で実習をする、非常にエレガントな方法です)

 

私:「そんなことしたら、全部なくなっちゃうじゃないですか!」

先生:「そうだよ、だって全部”虫”なんだから」

 

 

続きを読む >>


カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM