スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

クーリンチェ少年殺人事件

先日、映画「クーリンチェ少年殺人事件」を見てきました。

 

 

1991年の台湾映画。

監督はエドワード・ヤン。

「21世紀に残したたい映画100本」に選ばれている作品です。

 

 

 

 

お滝さん

先日、我が家に「滝風イオンメディック」がきました。
以前、体験した時から、すぐに欲しい!と一目惚れし、
なんとか手に入れようと、「夢カレンダー」に「滝風イオンメディックが手に入れました!」
と書いたところ、なんと、1か月もしない内に願いが叶いました。
夢カレンダーに感謝!!

大好評の講座が帰ってきました!

皆様へ


明日の講座(10/15)横浜道場


『頭蓋仙骨療法復習会』


前回、50名を越える受講生の熱気と感動で溢れ、大好評を博した講座です!!


ピンと来られた方、迷われている方、


是非、ご参加ください!


きっと、素敵な時間になります!!



湿疹Аー分に優しくなる

湿疹や症状があるとき、
自分に対してこれをしたほうがいい、これも、あれも必要と
無理なことをさせてしまいがちになる。
何かセルフケアをする前、まず、自分に優しくなれば、
違う経過をするのではないかと思う。

自反尽己

自反尽己(じはんじんこ)

 

この言葉を提唱したのは安岡正篤氏であるそうです。

湿疹

また、目の周りに痒みが出始めてきたので湿疹について。



一年程前に交通事故にあい、肋骨を強打。打撲しました。



気が付けば、一年があっというまに過ぎていました。



事故後は湿疹が全身に広がり、大変でした(*_*)



 
事故後に、湿疹が出たことと打撲の調整のために整体指導を少し間隔をつめて受けていました。



その時に


よく押さえて頂いた処、印象に残っている処は、右下肢 




足裏は腎臓の急所です。



腎臓のくたびれや事故の影響からか、丹田に力がなかったのでしょう。



丹田に力があれば、排泄する力があるということなので、



皮膚には現れず、吐いたりや便などでうまく排泄できたのではないかと思います。
 




下肢
右は下がった骨盤や肋骨をあげたり、D9(肝臓の急所)の調整ができます。(中毒の急性期)



左はD4(心臓)の調整ができます。
 




下肢△發茲押さえて頂きました。
2.3趾間(D9の調整)です。(中毒の慢性期)



 
D9も中毒の急所なので、体の中の余分なものを排泄してくれます。



こちらも排泄能力を高めてくれていたのでしょう。
 



こう書いていると体って本当に全身が協力をしながら働いているのだと感じます。



体をより良くしようと、体全身を使って排泄をする。



日頃は、ココが痛い。あそこが気になる。部分ばかりを見がちですが、



全体を見る。症状は部分にでるけど、その調整ポイントは全身ある。



全体から調整することが、無理なく体を整えていくことなんだと思う。



このことは、なんでもあてはまる。



症状や悩み、きになること。



何かを改善しようと、よくしようとするとき、全体をみる。



部分ではなく全体を見ること。



木でなく、森をみるじゃないけど、森を見てから、木をみると、違う表情を見せてくれる。
 



(木戸洋志)
 

もしかしたら

 

体は、私を整えるものなんだと思う

ただ感じる

ほっと一息ついたとき

 

ほっとしていなかったことを知り、

 

 

がんばるぞ!と準備したとき

 

がんばっていないことを知る。

 

 

それは、いつも感じでいないことを感じさせてくれるもの。

 

 

感動すること。

 

嬉しいこと。

 

楽しいこと。

 

感謝すること。

 

 

そのことを通じて、いつもの自分の在り方がわかる。

 

 

日常の中で、

 

出来ていないことを

 

感動や嬉しさ、楽しさ、感謝することで確認する。

 

 

日常の忙しさで、その瞬間の出来事を感じていない。

 

きっと、いつも近くにあるもの。

 

 

いつも、

 

感動出来たら、うれしく思えたら、楽しかったら、感謝できたら、

 

それらを求めない。

 

ないと思っているから求める。

 

求めるから、、、

 

 

ただ、感じよう!

 

 

 

(木戸洋志)

 

 

 

溌剌と!

以前、整体指導受けた後、自動運動が2時間以上とまらなかったことがあっ
て、とても驚きました。

自分で思っていたよりも感じていたこととも違うもの。
自動運動してるとき、とまらないことに驚いたことはもちろん、
えっ!?

とまらないの?

このまま、ずっと?

少し休みたい、、、
と、頭がざわついていました。

驚きに恐れや怖さ、心配、不安を感じる時もある。
それでも、体に任せてみる。

ただ信じて。
この体験から、以前よりも体を信頼、信用するということができるように
なった気がします。
そして、体を信頼、信用していなかったのね。と思う。
一度、体を信用すると、意識が変わる。

意識が変わると、体への向き合い方が変わってくる。

体を通して、心が変わる。

心が変わると、体が育つ。

自分を信頼することは、

自分を許すこと、心や体を許すこと。

ここが気になる。あそこが痛い、、、

許して、受け入れ、感じてみる。

ありがとう、お疲れさま と感謝する。
感謝をすれば、どんどん体を育まれていく。

暑くなってきましたが、

自動運動や体を動かして、溌剌とすごしましょう!!

(木戸洋志)

一瞬の出来事!

ある日、あるスタッフとのお話

 

私「僕、昔インド占星術ジョーティッシュで見ていた頂いたときに生まれた日が、月食で嵐の日だったそうです。
だから、人生に色んなことが起こるみたいです、、、」

 


スタッフ「そうなんですねー。生まれた日がそんな日なら、きっと弾力のある人生なんでしょう」

 

 

私「、、、、

 

 

弾力のある人生?

 

 

、、、、、

 

 

、、、、、

 

 

あっ、今のリフレーミングですね!」

 


と会話の一部ですが、だいたいこんなニュアンスの会話だったと思います。

 

なぜ、こんな会話をなったのかは覚えていないです。


その時、言われた言葉にピンとこなかったんですが、、、

 


その言葉が頭のなかでグルグルと回り始め、最近、ジワジワと響いてきています。




インド占星術で見て頂き、言われた内容で、大変な人生を歩むのかぁ、、、。


と思ってしまい、(ここです!)


一つ大きな観念を作ってしまっていたのですが、リフレーミングをして頂いたことで


その観念が、不思議だけど、溶けていきました!


本当に不思議。


何気ない会話の中でも、相手を援助することができると、実感できた時でした。


日常生活の中で、行える素晴らしい援助。


心理指導ですね。

 


リフレーミングとは
『出来事の枠組み(フレーム)を変えることで、出来事に別の視点を持たせるものです。』
 

 

1つの観念ができるときって、

 

何かに頼ろうとしている時なのかなぁ。


何気なく聞いていたことがしっかり根をはっている。

 


観念ができるときは、一瞬。

観念が変わるときも、一瞬。

 

 


人は変幻自在。本当に不思議な世界。

 

なににでもなれる。

 

 

心理指導を学ばれたい方は、


8/11.12  東京道場で『心理の学校』が開催されます。

ご興味のある方、
心理指導を学ばれたい方、
身近な人を援助をしたい方、
人に指導する立場にある方、

ピンときた方は、是非ご参加を!!

 

 

 

上でお話をしていたスタッフは、宮本さん。

 

道場に行けば、さりげなくお声かけをして頂いて、援助してくれています。

ありがたいです。

感謝です!!

(木戸洋志)

12>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM