スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

湿疹5

暑くなってきました。


毎年、暑くなると、体がだるく感じたり、動きたくなくなっていたのですが、今年は例年より、動きやすく過ごせています。

皮膚の症状も少なく、痒みはあるけど、前年と比べると、はるかに楽に過ごせている。
指に症状が出てきてはいるのですが、、、
 
 
体が動きやすい。
 
自動運動や瞑想などおこなってきたから、体も変わったかなと、、、


それによる成果もあるだろうと感じているけど、、、


他にあるんじゃないかと思っていて、なんだろうと考えていたら、、


 
それは、
 


浄化体操!!
 


浄化体操は前後の動きをメインにしています。L5ですね。腰椎の一番下、根元です。
 
ここにアプローチする運動です。
L5は呼吸器を司る処ですので、この体操を行うことで、呼吸器が育まれます。


この体操を、少しずつ行ってきたから楽に過ごせてるんじゃないかと思うんです。



浄化体操は名前の通り、浄化してくれる。


呼吸器の親分の肝臓にアプローチ。皮膚の排泄機能が高まり、体を浄化してくれている。


体の毒素を排泄する機能を高めてくれる体操なのかもしれない。
 


他にも、色々と意味がある体操だと思いますが、
 
私の体への答えとしては、そのように感じました。


 
L5が元気になると、行動力が出てきます。
 
やる気がでてくるのかな。
 
丹田がしっかりしてくるのかな。

 
 
長谷川先生の師匠、岡島先生が作られた体操。

体塾で行っていますので、是非、ご体験下さい。
 


(木戸洋志)

なんとも、心地の良いひと時。

今日はDOLPHYで【Joejun バースディライヴ】でした。

 

総勢7名の一流のミュージシャン。
7名の奏でる音が心身を通り抜けていく。
今日感じたものは、きっと忘れないと思う。
音楽はわからないけど、
一つになった音やあの場所は忘れない。
今日感じたものは、スッと心や体に入り込んでいる。
いい体験ができました。
ありがとうございました。
皆さま、お疲れさまでした。
(木戸洋志)

朝思うこと

朝起きて思う。

 

体塾に行こうと。

 


今野先生の体塾「やさしいヨーガ」。

ほんとうに気持ちよかった!!

 

朝思ったことを素直にきいてよかった。

 

心地よさが続く、いい一日です。

 

湿気も出てきて、暑くなってまいりましたが、

 

ダルさや体の変化を感じましたら、体塾をご活用ください!!

 

この季節、心身がとっても変化します!!

 

(木戸洋志)

 

 

頭蓋仙骨療法

5/7(日)に快医学主催 野口整体入門講座復習会が行われました。
このような復習会を行うことは初めてだったみたいですが、
この講座がなんともまた素晴らしいものでした。
整体を通して、愉氣を通して、癒す。
また、癒している側が癒される。
と、いうことを実感できた学びの大きい講座でした。
講座受講生の方々も学びの大きい講座だったのではないかと思います。
なんとも、不思議な体験で幸せを感じ、愉氣の可能性が広がりました。
愉氣もなくなっていたのかもしれません!
講座を主催してくださった快医学の我妻先生。
我妻先生がその場にいるだけで講座の雰囲気が変わる。
その我妻先生の頭蓋仙骨療法の講座が、5/14(日)横浜道場で開催されます。
多数の申し込みを頂いておりますが、まだ、2〜3名の方はお受けできるみたいです。
この貴重な機会をご一緒できる方お待ちしております。
きっと素晴らしい講座になるでしょう!!
(木戸洋志)

湿疹

目の周りの湿疹に拡がりはないけど、首周りに痒みや湿疹がチラホラとみられます。

以前、交通事故で肋骨を打撲した時は2.3日後から全身に湿疹が出てきて、驚いたのを覚えています。

気が滅入っているとき、色んなことが体や心に現れますね。

その時によく行っていたのは、みぞおちを弛めること。

 

邪気呼出法

みぞおちが固く弛めても、痛みや痒さを感じたら、すぐに固くなる。これの繰り返しでした。

痛みや痒さがあっても、みぞおちを弛めるとその間は、本当に  ホッ とできました。

症状が出てるとき、

何をしたらいいかわからないとき、

みぞおちを弛めると、自然と次の行動に移りやすくなり、とても役に立ちました。
 


来週5/14(日)は
我妻先生の【頭蓋仙骨療法】の講座です。

頭蓋仙骨への手当ては、
軽く身体に手を触れることで、本人が持つ自然治癒力を引き出してくれるもの。

個人的には、なかなか改善されない症状の根深いところにアプローチできるのではないかと思っています。

 

とても楽しみ!


お時間のある方は是非、ご参加ください!

 

(木戸洋志)

湿疹

JUGEMテーマ:日記・一般

皮膚症状も少し落ち着き始め、気づけばよくなってきています。

先日、餃子をご馳走になった時、美味しかったのでたくさん頂きましたら、

次の日は目の周りが赤く腫れ湿疹が、、、
すぐ現れることに嬉しいやら、悲しいやら。。

 

 

少し先になりますが、梅雨になりますと呼吸器に負担がかかりやすくなります。

皮膚症状、呼吸器症状等ある方は今から、呼吸活点(腸骨上端の少し内側の左右一対の凹み)を弛めておくと過ごしやすくなります。

セルフケアとして、
立った姿勢で呼吸活点に親指をあて、軽く反らしては戻すことを繰り返していくと弛んできます。

弛んだら大股で歩く。腰椎5番が刺激されます。

心地よく過ごすために是非、お試しください。

木戸洋志

続 湿疹

一週間ほど前から、湿疹が出始める。
今回は右目周辺からではじめる。前回は左目周辺から始まり首にいき、
腕やお腹に広がっていきました。今回はどこに広がっていくのか。

前回辛かったから、
出てこないようにと色々行ってきたけど、
やっぱり、出てくるんですね。

でも、嫌な感じは少なく、
「出てきたかぁ。」
不思議な感覚。
以前より、不安や不満、辛さ、悩み、焦りなど感じることが
少なくなっています。

昨日、上肢の4、5、6を愉氣してましたら、楽になったんですが、
今朝、起きたら右目がパンパンに張れている、、、

う〜ん。

抵抗が出てくるけど、、できるだけ力を抜いて、、

ブログを読んで声をかけてくださったみなさんのお言葉は本当に嬉しいです。

ありがとうございます!!

 

(木戸洋志)

 

JUGEMテーマ:日記・一般

湿疹

ポツリポツリとでてきた湿疹をみて、去年は皮膚の症状と付き合った一年だったなぁと思う。

 

1〜2月に体中に湿疹がでてきて、皮膚がめくれ、膿が出て、全身に広がり、

少しおさまったかなと思っていたところ、月に交通事故に遭い、肋骨を強打。

 

すると、おさまっていた湿疹が出はじめる。

 

合計したら、一年で10カ月程度、湿疹とお付きあいしていました。

 

痒みや痛み、苛立ち、不安、色んなものに巻き込まれていたなぁ。

 

今年は去年の体験を生かして心地よく過ごすために色んなことに取り組んでいます。

 

今年は、特に目立った湿疹等の症状はないけど、1月ごろから痒みが出てきており、

2月に入り、掻く回数も増えてきており、痒みも増してきている。

3月にはいり、湿疹がチラホラ目立つようになってきた。

それでも、去年みたいなことにはならず、楽に過ごすことができており、

心からよかったと思う。だけど、湿疹の出やすいことは自覚しているから気は抜けない。

 

症状が出はじめてからは、自分で出来るセルフケア(体の学校 ウン・コ・ヨク・シ・ヨウ)をコツコツと行ってきました。その中でも、私の体にあい、楽になれたものをあげてみました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・運動(ウン) 

自動運動恥骨体操、操体法。とにかく痒いけど、動きました。

恥骨体操は本当に痒さがおさまります。

 

 

・呼吸(コ)

邪気呼出法 とにかく、鳩尾が固くなりやすかったため。行っていくと、痒さが出てきたりもしましたが、一息つけます。

あとは、爆笑!  

本当によくなるスピードが速くなりました。1日1回、ネタを探して、笑う。

笑うエネルギーが大事。強力です!

 

・入浴(ヨク)

中毒風呂 中毒風呂はいいです!排出に役に立ちます。

痒さが我慢できない時は、水を浴びる(頭頂から浴びる)と痒さがおさまる。

温冷浴(痒い部分でも)。これも痒いときにはぜひ行ってもらいたい。

あと、石鹸は使わなかったです。

痢症活点への愉氣は本当によくやりました。合蹠行氣法も。

アイロン療法(おすすめ!!)

温湿布(気持ち良い処 私の場合は目や骨、腰椎下部でした。)

豆腐湿布 患部の芯の熱感がとれます。

 

 

・食事(シ) 

まずは、減食

そして、体に合うものをとる(LETやO−リングで判別できる)。

肉、魚を減らす。甘いもの、刺激物を減らす。(3・4日とらないだけで楽になります。痒みが減少しました。)

お茶(快医学の我妻先生に調べて頂いた、4種類のお茶のブレンド)アレルギー体質改善のため。

あとは水(良い水を)!かなり変わりました。

 

 

・様々(ヨウ)

そして、なによりも心。心を育てていくことがよかったように思います。

電磁波カットもよいかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

他にも、試してみたものがあります。

もし、興味がありましたら、お声かけくださればお話しすることができると思います。

 

体が変われば、心が変わる。

症状を通して、心身が育つのを見ているのは、本当におもしろい。

楽しんでいれば、毎日変わっていくものを愛でることができて、

がんばっているところが一息つける。

 

自分ができることをやっていくと症状は自然とおさまってくるんですね。

色んなもの巻き込まれながらも、現状から脱出するぞ!みたいな気持ちで止まらないことが大事。

だから、どんな時も動き続ける。

痛いときや痒いとき、辛いときもとまらない。こうゆうときだからこそ、動く。

 

とどまらない。前に進む。

 

(木戸洋志)

1

このページの先頭へ▲

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM