スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

セルフケアの「費用対効果」が上がると…

ある日の「総合指導」にて、ご一緒にちょっとした体操を行う。

 

ご説明したり、練習したりも含めて、所要時間はせいぜい2-3分。

 

 

 

たったそれだけで、お体がスパッとかわって、私もその方もびっくり!

 

(そして、「背中の張りが全く無くなりました!」というフィードバックが。)

 

 

 

想像と違う変化、想像以上の変化

体や心は ”生きもの” だから、それ自身のリズムと波を持っている。

 

今、一生懸命に手当てをした結果が、今すぐ花開くとは限らない。


 

本気で体を変えたい方に

先日、バケツをひっくり返したような雨が降る東京道場の朝…

 

雨カッパに長靴の完全防備で 「体塾」にいらした方がお一人。

 

 

体塾がマンツーマンになった時には、ご要望に応じてかなり自由に組み立てるのですが、

 

この日は、「とにかく心身を変えたい!」という感じのご要望を頂いたので、


 

 

体が整うということ

一人で頑張っている時も、どんな思考や感情にまみれている時でも、本当は一人ではない。

 

個としての「自分」を生かしている、”今・ここ”にある大きな力。

 

ーーそれを観念ではなく感覚しながら生きられることが、「体が整う」ことなのかもしれない。

 

(佐野 裕子)

「自分に心地よさを与える」 練習をしよう

最近、操体法がマイブームです。
 

自分でも行うし、整体や総合指導にいらした方とも、ついご一緒に行ってしまいます。


操体法は、「心地よい方に、心地よいだけ動かし、心地よさだけを味わう」 体操。

ーーほんの数十秒の体操(を3つくらい行いますが)をして、お体の動きの確認をすると、それだけで驚くほど変わっていることが多いのです。

 

明るさ占い? あなたにぴったりの明るさはありますか

現在、指導者プロフィールの改訂作業をしています。

(会員の皆様には、6月末にお手元に届く予定)

 

 

今年は微調整が主体なのですが、内部でアンケートを取ったりインタビューをしたりしながらそれぞれの個性を纏めていくうち、「明るさ」という表現が多いことに気がつきました。

 

それぞれ、「こんな明るさ」というニュアンスが違うんだなぁ… と思い、

番外編として「明るさ」で各指導者を一言紹介してみましたのでシェアさせて頂きます!

 

お好みの「明るさ」はありますでしょうか??

 

 

「感じること」から拓かれるもの

ゴールデンウィークの「氣道の学校」(in 東京)を経て、

 

私が講師をさせて頂く二度目の「整体の学校(整体法修得講座)・中等」が始まり、

 

やはり「感じる」ということが大きなキーワードであることを改めて実感するこの頃です。

 

 

体は、変わる。

【氣道の学校】で、8日間かけて、「体」「心」「整体」「心理」の4部門を学ばれた、とある方。


終了した数日後に、整体を受けにきて下さいました。



触れた瞬間の驚き。


「今までのお体と違う!」


言わば、固体から液体になったかのよう。


(この方のお体は、本来このような流れになりたかったのだな…)


そして、その状態だからこそ、もっとここを育んでいける! ということもある。



心身の整え方を自分で知ることの底力をみた思いでした。


そして、何より、「自分でできることがある!」「心身の扱い方が分かっている」ということは、本当に楽で楽しいことですね。


(佐野 裕子)




他の人を援助する力を、「本能」として持っている

【整体法修得講座】の最初の2日間が終わりました。

 

 (永井によるレポートはこちら… 初日→ 二日目→

 

 

 

初日の最初の方の実技の時から、

皆さんが相手の方に手を当てている時の、驚くべき閑けさと深まりがあり、

 

 

2日目の最後に行いあって頂いた整体操法は、

 

「愉氣の深まり」という視点でいえば、

「これで中等卒業!」と言っても十分に満足できるものであったと感じました。

 

 

バカになれ!?

先日、古い友人から十数年ぶりに連絡をもらい、それをきっかけにふと昔のことを思い出しました。


 
当時はアウトドアが好きで、時折山に登ったりしながら、年に2回、テント生活の徒歩旅行をしていました。


夏などは朝4時に起きて、飯盒(!)などを使って朝食の用意。

6時頃から歩き出して、1日に15〜30kgくらい歩き、休憩中に地元の見知らぬおばさまにスイカの差し入れを頂いたり。

時には通りすがりのおじさまがトラックの荷台に乗せて下さり、全身に風を受けるのが心地よかった。


 
続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM