スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

感覚訓練で、望む現実を創る!!(氣道の学校・4日目)

今日は、心の学校(初等)の、「夢の学校」。


感覚を様々に切り換え、どんな気分も選べる自分を創っていきました。


昨日と一転して、道場は明るく賑やかな場に!



一日でここまでやるのか?! という充実のワークに、皆様しっかりついてきて下さり、

確かに望む現実を創れるのだ! という実感を得て下さったと思います。



それにしても、この「氣道の学校」、内容が濃密すぎでは? とスタッフでも思うような時間。


すでに初日が(昨日でさえ…)遥か彼方です。




さてこれで自分を整える方法が終わり、明日からは他者へのアプローチを学びます。


明日はどんな一日になるのか?

今から楽しみです♪



(佐野 裕子)




感じることで、手放せる(氣道の学校・3日目)

今日は、心の学校の初等。


潜在意識のクリーニングを行う「風の学校」は今日だけ…



中等まで連日で行うときの濃密さを知っているだけに、「たった一日でどこまでできるのか?」と思うところもあったのですが、


いくつかのワークを経て瞑想も行い、「心」が軽やかになる方法や、「私」とは何なのかを理解し、

日常生活に色々なものを持ち帰って頂けた時間でした。




分析も反省もいらない、問題と思うことを口に出す必要もない。


ただ身体感覚として感じ尽くすことができれば、全部手放せる。


ーー人生が楽になるこのメソッドを、手軽に知っていただけたこと、しみじみと嬉しかったです。


(佐野 裕子)

感情の波に乗る

氣道に出逢ってもうすぐ6年。

時々、ああ、本当によかったと思う自分の変化は、

「感情に振り回されなくなったこと」。

 

以前は、自分の感情を持て余し、振り回されていることにうんざりしていたけれど、

いまは、そういう感情の最中にも、どこか、いつもゆったりと構えて静かな領域があることを感じられるようになりました。

 

どんなに表面が騒がしくても、少し奥の方から、その静けさが伝わってくるから、

多少揺れても大丈夫、いつだってそれはあるし、いつだってそこに戻れると思えるから。

 

夫とのけんかも、わりとすんなり収束するようになって、ほんとうにうれしい(笑)。

2016年末 まっさらなあなたに出会う旅(ご感想)

前回の【氣道の学校】にご参加いただいたIさんのご感想そのです。

Iさんのご感想その,呂海舛

Iさんのご感想その△呂海舛

 

〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●

 

★夢の学校の必要性

そんなふうに自分や現実に対する目線が変わったのは、夢の学校のおかげかもしれません。

はじめは「夢」という言葉がなかなかしっくりこず、夢マンダラの宿題もうまくいきませんでした。

再受講の前に前回作成した夢マンダラを見直しましたが、「いかにも夢っぽい夢だなあ…」と。

嘘ではないけど本当でもないというか、「いつまでも健康ですごしたい」という願望の裏に

「病気になるのが怖い」という思いが透けて見えてしまって、考えているうちに願望を持つこと

自体に疲れてくるというか…。苦痛を避けたいという思いは切実で、願望には違いありませんが、

それで明るい気持ちにはなりませんし…。

 

2016年末 まっさらなあなたに出会う旅(ご感想 

「このままの形で行うのは年末が最後」となる【氣道の学校】、現在お申込み受付中です。

12月23日〜30日【氣道の学校】

 

連日で行うリトリートの醍醐味を、ぜひ一度はご体験ください。

お申込みいただいた方から順に、当日まで行っていただきたいことを書いたお手紙を

お送りしています。(これだけで素晴らしい体験をしていただけることでしょう。)

じっくり取り組んでいただきたいので、お申込みはお早目をお薦めします。

 

前回の【氣道の学校】にご参加いただいたIさんからご感想をいただきましたので

ご紹介しますね♪(充実したボリュームですので、全3回に分けて掲載させていただきます)

 

●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇●●〇〇

 

★なにをする講座なんだろう…

氣道の学校のような講座(愉氣・瞑想や願望実現を学ぶワークショップ?)に参加するのは

初めてでした。瞑想をするといろいろ良いことがあるらしいという知識はありましたが、

自分一人ではできるようになる自信がなく、坐禅用の座布団も買って数年放置したままでした。

瞑想で精神的におかしくなってしまうこともあると本で読んでいたので、そのことが恐ろしく、

また、自己分析や自己洞察という手続きを経ずに精神的な変化が可能なのだろうか?

(あるいは、「よくわからないけど、変わった」なんて経過の仕方は良くないんじゃ?)と、

疑問に思う気持ちもありました。

七夕会

ほんとうの「夢」は叶う!

まごころからの「夢」は叶って当然・・・
 

【氣道の学校】を終えて

【氣道の学校】を終えて、自宅に戻ると、家が綺麗になっていた。

 

川沿いのお花が教えてくれたこと(氣道の学校、番外編)

今年のGWは地図に載っていない旅に出ました。

あの静かな場所へ帰ろう、というのが目的でした。

5月1日から3日間、先生とサブの方々に先導され、多くの参加された皆さんと深くて心地良い静かな旅・・・の途中で、

一人船を下りて川沿いを散歩しました。

 

人生をかえたもの

あなたの人生を変えたのは何だったかと聞かれたら、

私にとってそれは、整体と【氣道の学校】。
(そしてついでに言えば、結婚したこと)

変えた、変わったというのは主観でしかないけれど、
以前とは、全然別の人生を生きている実感がある。

 


以前の悩みの詳細は実感としては思い出せないくらいだけれど、

道場が美しい光に包まれたとき

あの日、
目の前にあらわれた不思議な光景を
私はぼんやりと眺めていた。
続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM