11月9日(土)の、「心の学校」の初等はこんな講座です!

日曜日、「整体の学校」が終わったあとに、

お隣にいたYさんに、「1日の【心の学校】の告知をしないのですか?」とお声かけ頂き、一瞬目が点になった私。

 

(連日の【心の学校】は、1日参加は再受講の方でないとできないから特に告知しなくても… などと一瞬考えてしまいましたが、そうそう、自分が行う「初等」が1日講座なのでした。)

 

 

心の学校に「初等」とか「中等」とかあると皆さん混乱されるかな…と思って、敢えてチラシも作らず、

Facebookでイベントページでも作って詳細をお知らせするつもりだったのが、まだ着手できておらず。

 

でも講座の準備だけは着々と進んでいます!

 

ーーということで、謎に包まれた(?)講座内容について、ここで少しご案内させて頂きますね。

 

 


この講座で、何が得られるのか?

東京道場の大掃除を終えて、皆さんでお茶へ。

 

心の学校に出ると、〜〜が分かるようになりますか?」

と、質問を受けました。

 

その時は、

「分かるようになるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

 むしろ、自分が想像もしなかったようなこと、

 想像以上のことが訪れるかもしれない。

 

 でも、それは、いずれにしても、自分にとって、一番必要なこと」

 

ーーーというようなことをお応えしたのですが、

 

 

 


本日配信開始!【夢の学校】のエッセンスを初公開。

”氣道の真髄“ をお伝えする「心の学校」の7日目に収録された

 

夢を叶える心づくり
   ー「夢の学校」エッセンスー】

 

本日より動画会員の皆様に配信開始されました!

 

 

「夢を叶える」というのは、

いま「ない」ものを「ある」にすることではありません。

 

「ない」と思っていたものが、実はすでに「ある(あった)」

ことに気づくことが出発点。

 

――この動画で、あなたも、それを発見してください。

 

 

まだ動画会員でない方も、まずはこちらでちょっとのぞき見

(無料ダイジェスト動画見られます)


さてさて、 動画の【内容】は、こんな感じです。

 

すでに「できている」ことを「できない」と思って「やろう」とすると、「できない」と感じる

これは、先日開催された【心の学校】の中で、

みなさんの援助役をさせてもらうながら、

時折、思うことです。

 

ご本人は、「できていない」と感じているから、

一生懸命、「そうしよう」とがんばる。

でも、「できた」という実感が持てない。

だから、「どうして?」とか「やっぱり、できない」と思う。

 

でも、インストラクター(サヴの私たちも含む)から見ると、

「もともとできている」ことがすごく多い。

 

その場合の対処策は、

「できている」という事実を認めて、

ただリラックスして、楽に、軽く、やってみること。

 

そうすると、

 

 

 


愉氣だけで、世界を新鮮にみることができる

☆心の学校ご参加のみなさまへ(続き)☆

 

お一人お一人が、

ワークを、本当に楽しんでくださっている姿も

とても印象的でした。

 

「こんなふうに空を見たことなかった!」

「こんな感覚初めて。ちょっと戸惑ってるけど(笑)」

「おもしろいねー」

「わたしに、こんなことができるなんて!ハグ!」

 

私たちは、きっと、もっと幼いころ、

そんな新鮮な感覚で、世界を見ていたのかもしれません。

(わたしはそんなことがあったことさえ思い出せないくらいで、

 この講座に出て、初めて体験したような心もちでした)

 

いつか大人になるにつれて、

ただ、世界を直接に味わうーーということが難しくなっていただけ

なんでしょう。

 

本来の世界を、再(追)体験している――

皆さんを見ていて、そう思いました。

 

 

ワークを重ねる中で、

 

創られた個性ではなく、本来の皆さんの”もともとの個性”が現れ

 

さらに、もっと広くて静かで、穏やかさを湛えだしたみなさんは、

 

私たちは、本来、「なんでもなく、すべてでもある」存在なんだということ、

思い出させてくれました。

 


「確かにある」って、本当かな?

☆「心の学校」ご参加のみなさま☆

 

今回の「心の学校」も、サブとして参加させて頂き、

みなさんと、時を超えた旅をさせてもらえたこと、

ありがとうございました。

 

 

「時(とき)」という、

日常の私たちにとって「確かに”ある”」ものが、

こんなに、流動的なものなんだと、改めて、驚愕しています。

 

初日が、もう何か月も前に感じるくらいの、

びっくり仰天の、濃密さーーーでしたものね。

(そして、一日は、あっという間でした。)

 

たとえば、私たちは、

「これをするには、これだけの時間がかかるよ!」と思いがちですが、

私たちの思い込みが創っている部分が大きいのでしょうね。

 

人は、一瞬にして変化することができるんだな

ということも、改めて感じさせられました。

 

つづく

 

(永井晶)

 


風になった後には。

【心の学校】のうち「風の学校」は、皆で行うワークもあるのですが、

 

 

一人で、外に出て、色々なものに

愉氣をするワークが中心になります。

昨日のブログをご参照ください)

 

 

そのお散歩ごとに、インストラクターと感想をシェアしたり、

次の課題を確認したり。

 


ぜんぶ、あそびだから。

4月27日〜5月4日まで開催された【心の学校】。

その中で、長谷川先生が、ある受講生の方に、『全部あそびだから』と。

 

アー。確かに。

 

普段は、

その時々の、「感情」や「思考」とひとつになって、

「これが私」

ーーと、自分を固定化して、感じているけれど、

 

 

この講座、特に、「風の学校」(今回で言うと、4/29-5/2)では、

(思考やイメージではなく)『愉氣』をすることによって、

 

時には、石になり

時には、草になり

 

 

時には、花になり

 

 


心の学校、終了しました

8日間の、生まれ変わりの旅、昨日、終了しました。

 【心の学校】https://npo-kido.com/lesson.html#i_kokoro

 

初日が、まるで何年も前のような感覚。

時間の感覚というのは、思考の産物と言われますよね。

その思考がないはざまを、多分、たくさん経てきたのだろうと思います。

 

現実は、いつだって、想像以上。

 

「こうなりたい」という願いにも限定されずに、

ただ、その時々を楽しんで生きていきたいと、改めて思った最終日でした。

 

次回開催は、8月11日(土)〜@東京道場。

また、新しい日々を紡いだ中で、みなさんと学び合えるのを楽しみにしています。

 

(永井 晶)

 

 

 


心の学校4日目になりました

27日の『体の学校』から始まった【心の学校】、

4日目を迎えました。

 

今回から2日にバージョンアップした『体の学校』では、

 

最重要の<呼吸法>や<運動法>などの
<体からのアプローチ>を、繰り返し実習。

 

これだけで、

体も軽く、心もぽかんとした感じに。
 

操体法のデモ中↓

 

みんなで実習中↓

 

ヨガの8階梯よろしく、

アーサナ(運動法)、プラーナヤーマ(呼吸法)、プラティヤハーラ(内観)

ダーラナ(集中、愉氣)と進み、

 

あとは、自然と顕れてくるディヤーナ(瞑想)へ。

つまり、心も体も(あるけど)ないという、『整体』の状態に。
 

28日〜の心の学校レポートは、またお届けしますね。

 

(永井晶)

 

 



カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新記事

アーカイブ

リンク

サイト内検索

プロフィール

モバイル版

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM