スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(9)

●それぞれの「心の旅」


宏貴
 そうしたことを考えると、皆さん、この講座を語る時、「心の旅」 って言うじゃないですか。

 あれは、「うまいこと言ったな」 と思うんですよね。


 客観的に見たら、菊川の道場に行って、皆で座って話を聞いて、外に行って…、というだけなんで、「旅」 どころか遠足でも何でもないんですけれど、

自分の内面にスポットを当ててみると、本当に果てしないというか、方向なく羅針盤だけ持って歩いている感じで、それでいて最終的には皆がそれぞれの目的地に着いているという感じで。

あぁ 「旅」 ってうまいこと言うな、と思いました。

 

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(8)

●それでも多分、みんなには勧めない

 

宏貴 それから、僕ら自身が本当に、足腰を地につけてドシッとしているんで、やっぱり周りに対しての影響度も変わって来ているように思うんです。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(7)

●心の学校=体の学校?

 

◆歩 それから、長谷川先生にずっと言われていたんですけれど、私は長いこと首がおかしかったんです。 それが、【心の学校】 の後にものすごくスムーズになっていたんですね。

「心の学校」 であって、別に体のことをしていたのではないのに、「私、首どうしたんだろう!?」 と思うほどスムーズになっていて。

今までは、「首がちょっとおかしいな、じゃあ回そうかな」 ということはよくあったんですけれど、そういうことをする必要がなくなって、体が変わったんだなぁと思いました。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(6)

●嫌なことがいっぱいあった過去が、今は無機質な感じ

 

宏貴 それから、彼女を日常的に見ているからこそ感じるんですけれど、

【心の学校】 をどういう人に一番お勧めしたいかというと、

やっぱり普段余計なことばかりを考えてしまうような人――まぁ、それは逆に、一生懸命人生を生きている人だと思うんですけれど――、そういう人で、自分で変わろうとしているけれど変われない、そのために色々考えちゃう人。

それで結局、体のあちこちに異常を来すような、負のスパイラルに入っているような人が、そのスパイラルを切るようなつもりで出ると、うちの奥さんのように180度変わるんじゃないかと思いますね。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(5)

●愉氣がしやすくなった、楽しくなった

 

――氣道メソッドや、個人指導(整体)を活用される時の変化というのは何かありますか?

 

◆歩 そうですね。

 愉氣だと、自分が人にする形になるので、相手の方がどう感じているかは分からないんですけど、

 行氣11をするとすごい、何というんでしょう、すごく楽に効果を感じるというか、「おおっ、お〜っ!」というような感覚がありますね。(笑) 

 

 *11 自分に行う愉氣。自分の体の一部に意識を向ける。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(4)

●「瞬間瞑想」で、最高のパフォーマンスを

 

――宏貴さんは、日常の中の変化は如何ですか?

 

宏貴 【心の学校】 に出てから出来るようになったことで、これすごいと思うのが、

例えば、仕事でお客さんに提出する報告書のドラフトを上の人に見てもらおうと持っていた時に、「大内くん、ここだめだよ」 等とダメ出しをされる時があって、それはやはり嫌なことじゃないですか。

 そういう時に、体の中で「あ、このへんがちょっと違和感ある」 というような、心の中で嫌だと思っている所が、体のどこにあるか、なんとなく分かるようになったんですよ。

 

 それで、「ここ愉氣*9しなきゃ」 というんで、「失礼します」 って退出してから、「このへんこのへん」と愉氣を。

 

――内感愉氣10を!(笑)

 

9  対象に意識を向けること。   10 【風の学校】の主要メソッド。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(3)

●すぐ破れる「紙の心」から、弾力がある「ゴムボールの心」へ

 

――ご受講後の変化は如何でしたか?

 

宏貴 ありきたりですけれど、心が強くなったというよりも、考え方が変わったというか。

 それは、「少々のことではへこたれない」 というようなものではなくて、何と言うんでしょうね、自分にとってネガティブな話が来た時でも、割り切れるようになったというか。

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(2)

●「ただ散歩をしているだけ」で、憂鬱が全部なくなった


――実際に受講されている最中の感覚としては、どんな感じでしたか?

 
宏貴 実際に足を踏み入れてやってみると、座学が終わった後、「皆さん、好きに散歩に行って下さい」 って言われて、各自が思い思いに好きなコース、好きな時間散歩してました。

事前に 「散歩が多い」 とは聞いていたんですけれども、本当にそうでしたね。(笑)

       〜 お散歩コースから見た風景 〜

大内様ご夫妻 【心の学校】 インタビュー(1)

   「氣道の真髄」 とも言われながら、実際に体験されていない方にはなかなかその様子がお伝えしづらい【心の学校】。
   ご出席者の生のお声はどのようなものなのでしょうか?

   20108月の 【心の学校】 にご参加された大内様ご夫妻にお話を伺いました!

   当会サイトの「体験者の声」にもご登場下さっているお二方の 「その後の物語」 としてもお楽しみ下さい。


   (・大内宏貴様 …宏貴 ・大内歩様 …◆歩 ・聞き手(スタッフ佐野)…青字



●受講前は、「得られるものは所詮その程度」と思っていました

――そもそも、最初に【心の学校】のチラシをご覧になった時の印象はどんな感じでしたか?

続きを読む >>

1

このページの先頭へ▲

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM