スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

幸せを感じる時間…

朝起きて淹れ立てで飲む一杯の珈琲を味わう

 

路上で懸命に咲いている名も知らぬ花々に見とれる

 

夜仕事を終えて飲む一杯のお酒に酔いしれる

 

お酒と肴の好相性に満足する

 

日常の様々な場面で見つける小さな幸せ

 

幸せはアチラコチラに転がっている?

 

いえいえ、あなたの幸せは

『人生で一番の贅沢』

人として生きていて一番の贅沢とは何だろう。

素敵な家に住むことも、
美味しいものを食べることも、
世界を旅をして絶景を見ることも、

それぞれの良さがあるけれども、

(ほっと) ひと息

自然に目を向けてみる。

 

木々は大地にしっかりと根をはり枝葉を気持ちよさそうに伸ばしている。
花の蕾がいまはじけんばかりにときを待つ。

いのちの流れ

風邪をひいて、声が男前になり、鼻をぐしゅぐしゅとやっている私に、
会員のみなさんが、氣道の他の指導者が、こう言って下さる。
「大掃除ですね。よかったね」と。

〜をしたい

去年、事故にあってから、月に3〜4回整体を受けていた。期間にしては4か月。

現在は事故の後遺症などもなく、元の状態に戻ることができた。

 

不思議なことに整体を受け続けると、

今までの体の感覚や、それまでもっていた常識や観念、周りの現実が変わっていく。

今ここから、始める

やさしさ”や、“安心”や“勇気”“幸せ”そして、“大丈夫”等々は、目には見えない。

 

僕が、大切にしたい事って、目に見えない事の方が多いような気がする。

 

また、理解するものではなく感じるもの!?

 

氣道の学校、特に、風の学校では、“見る・見える”を通して、“感じる”を深めていく。

新しい自分に出会える…(担当:松岡)

実をいうと私がスタッフになる前、

「一会員」として横浜道場に通い始めた頃は、

自動運動というものが苦手でした。

「なにか」が動きだすとき

整体(愉氣)を受けていて、

「ふっ」と私の中の「なにか」がゆるんで、

自然と涙が流れることがある。

氣道の学校

8月中旬、久しぶりに「夢の学校」(氣道の学校)に参加できました。

(サブインストラクターとしてでしたが、

 何より自分自身がとっても楽しみにしていた2日間でした!)

 

久しぶりの「夢の学校」2日間の全日参加。

自分も楽しいけれども、ご一緒に参加されている方々の楽しそうなお顔を拝見し、

その方々と同じ場と時間を共有できることが何よりの喜び。

 

「風の学校」同様まさに愉氣の練成。

難しいことはせずに本当に簡単なワークで…。

 

シンプルだけれども、とっても深く、

何度参加しても飽きることなく、

その時の自分のレベルに応じて深まっていく。

 

愉氣を通して、作りたい現実を創っていく本当に楽しく濃密な2日間。

また次回の参加がとっても待ち遠しい…。

 

※「氣道の学校」の次回は年末12月23日〜12月30日開講予定。

 参加ご希望の方は、ぜひ今からスケジュールの確保を!

 (日程は9月15日現在の予定です。)

 

(角川彰弘)

ある症状とのひととき

身体にある症状が出始めて1ヶ月程。今までにないくらい、たくさん出てきています。

辛い、きついなぁ〜と思いつつ、ただ、経過していくことを待っていましたが、経過してくれない。

整体受けたいな〜と思うけど、時間があわない。
さて、どうしたものかと、、、 

 
続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM