スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

未知のものとの出会い

水ぼうそうになりたい。

8月20日(日)に行われた、「育児講座6」。

テーマは「水ぼうそうの手当て」でした。

 

 

水ぼうそうの時の経過やその時々の手当てなどを学び、

「処」の用い方などに改めて感心しつつ、

 

一番心に残ったのは、「あぁ、水ぼうそうになりたいなぁ」ということでした。

 

 

ご興味のある方にぜひお知らせください。

あさって、12時半から、

育児講座6 水ぼうそうの手当て】を開催します。

 

 

水ぼうそう、という症状が、

単なる困った病気ではなくて、

 

実は、「腎臓」を健全に成長させていくために

とても大事な機会なのです。

 

―そのことだけでも、この世の中のお父さんとお母さん、

 (そしてそのお父さんやお母さんにも)

 みんなに知らせたい。

 

 

8月はご一緒に大人の水浴びを

7月の滝行、終了しました。

 

滝の中で、

ほどけ、ほどけて、

ほとけ(のような清々しい心と体)になれ・・たかな。

 

自然な滝行

滝行合宿、おかげさまで無事終了いたしました。

 

 

初日、水量が少なくとっても優しい滝でした。

 

夜のシェアリングの時間に、「今日の滝は(水量が少ないので)幅が細くて…」等の言葉がたくさん飛び出していたところ、夜通しの雨が!

 

翌朝の滝行までに雨もあがり、2日目にはよい形で「水量アップ」をプレゼントして頂けた、スペシャルな滝行になりました。

 

 

たまには脳のサビ落とし!

先日、久しぶりに「速読法講座」(初等)に参加して参りました。

(7/16(日)横浜、長谷川先生)

 

 

 

初めて氣道の速読法に出逢ったのは、もう15年ほど前のこと。

 

その時は、3週間くらいかけて、読書スピードが4倍に変化して驚いたものでした。

 

(その後、速読法の初等や中等の講師も度々させて頂いていました。)

 

 

 

今回の受講動機は、

 

この二年ほどの目の酷使によって、脳までも錆びついているような気がしたので、

速読法によって自分の「情報処理能力」をアップさせたいということがひとつ。

 

「0(ゼロ)リングテスト」 の練習会を行います

いざという時に役に立つもの・・・

 

 

たとえば、人の生死を見分ける「腹部禁点の硬結」だったり、

 

これが整っていればどんな症状が出ていても安心できる「脈と呼吸のバランス」だったり、

(一分間の呼吸と脈の数をはかり、1:4になっていれば安心して経過をみられます)

 

 

そうした生死に関わるものとはちょっと性質が違うけれども、それでも「これができると本当に便利&助かる!」というものに、「0(ゼロ)リングテスト」があると思っています。

 

 

「技術チェック研鑽会」、心理部門のみ開講致します

先日の投稿でお知らせいたしました「技術チェック研鑽会」、心理部門のみ開講することになりました。

 

 

●日 時 : 6月4日(日)10-12時

  *その後13時より、道場から徒歩12分のKAMOMEにて「Joejunバースディライヴ」があります【要予約】。ぜひ併せてご参加下さい。

 

●場 所 :横浜道場

 

●料 金 :3000円

 

●講 師 :佐野 裕子

 

●受講資格:過去に「心理の学校」、昔の「心理指導法講座」、および「整体法修得講座(中等)」にご参加された会員の方

  *「心理指導法講座」のDVDご購入者の会員の方も対象となります

  *当日のご入会も承っております

 

 ※詳細はこちらのちらしPDFをご参照下さい。

 

 ※ご希望の方は、6月3日(土)18時までに、事務局までお電話およびFAXでお申込み下さいませ。

 

 

 

繊細に触れる

5/14(日)、快医学の我妻先生による【頭蓋仙骨療法講座】

みなさんの熱気と「気持ちよかったー」という声と共に、

大盛況で終了しました。

 

参加者の方は、約40名。

この療法に、これだけの方がご興味を持っていらっしゃることに改めて驚かされました。

別な場所で学ばれたことがあるという方、知ってはいたけどやったことはなかった、と言う方もいらっしゃいましたが

だれに学ぶか、も、やはり大切なポイントのようで、

今回はみなさんそれぞれに、気付きを得て帰られた様子でした。

 

たっぷり5時間、二人組で、頭蓋の解放の手技も何パターンも教わることができ

充実した時間でした。

 

そして、本当に気持ちよかった!

繊細に触れられることで、文字通り頭の芯が緩んだ感じ。

 

骨盤も、頭蓋も、一つの骨の塊というよりは、

呼吸とはまた違ったリズムで、

いつも、繊細に(でもダイナミックに)動いているものなんだということを

実感できたのも、大きな収穫でした。

 

あなたもそっと、自分の骨盤や、頭に触れてみませんか。

そしてその命のいぶき、感じてみませんか。

 

(永井晶)

 

 

 

快医学にあって、氣道にないもの

このところ、ブログやメルマガで

【 「快医学」実践セミナー 〜「いのちの羅針盤」を身につける〜 】 の講座に関する文章を書いておりましたが、

 

 

 (ブログ記事はこちら。

   → なぜ今、「快医学」なのか? 〜氣道のベテランが、我妻先生の講座に感動した理由を考える〜

   → 「鉄人の手」から、「魔法のツール」を学ぶ  〜10月の「快医学実践講座」〜

 

  なお、今回の講座は10月2日(日)& 9日(日)です。)

 

 

 

ご参加を迷っている方がたくさんいらっしゃるということを聞いて、改めて考えてみました。

 

「快医学にあって、氣道にないもの」。

 

 

 

 

 

続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM