スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

反応 明ける

整体を受けた後、ふさぎ込むような気持ちに見舞われる。
体と心が一致せず、落ち着かない感じ。

どんよりとした気持ちに引きずられそうな中にも、
「でも、この感じ、知ってる!大丈夫。」という確信が、今回もあった。

これは、またひとつ、新しい自分に変化していくための大事な大事な過程なんだと。
数日後、必ず、ちゃんと夜が明けると。
 

春の整体強化祭り(^^) (S.Nさまより)

氣道で整体を受け始めて、早6年ほどになりますが、
この度もまた色々お世話になりました。

この2〜3月、3日間連続の整体×2か月

6日間の「春の整体強化祭り(^^)」 勝手に命名しております(笑)

のあと、身心の大きな変化を感じています。

呼吸がおだやかなこと
前肩だった姿勢が、すーっと背筋が伸びて楽になったこと
気持ちがふんわり明るくなり、足取り軽く、活動的になっていること等など……

いつも長谷川先生は、
「体が整うことで、心も整い、そして運も開ける!」
と、お教えくださいますが、本当に効果絶大!ですね。

この春、思いがけないことに新しい仕事のお話も舞い込みました。

(これまでとは全く違うジャンルです!)

福招き人でいらっしゃる先生のおかげと、深く深く感謝でございます。


以前、氣道の学校に参加した折、連日整体を受けさせて頂いたことがあり、
その後、体がすっきりして、視界まで澄み渡る感覚が
深く印象に残っていました。

また、311のあと、様々な心境の変化があったのですが

強く思ったことは、
生死を分けるような場面に遭遇した時、
いのち、そして、この身心しか拠りどころはないということでした。

かたちあるものは失われますが
いのちさえあれば、この肉体、体験を通じて身についたものは失われません。

そして、いのちがあれば、
他のいのちを励ましたり、助け合ったりすることもできます。

亡くなった多くの方々のことを思う度、
いのちを頂いている「今」を大切にしなければ
この身を大切に、ひとつひとつの経験を丁寧に、と思うようになりました。


このような流れの中(+電磁波アレルギーのこともあったのですが)
昨年暮れ、ふっと連日、整体を受けたときのことを思い出し、春に集中的に受けよう!
と思い立ったのです。

春は、頭から首、肩、腰と順番にゆるみ、
一年の中で、整体の効果が一番出やすいと、聞いておりましたので
スケジュール表とにらめっこして、事前から計画していました。

(タイミングが合い、本当にラッキーでした!)


今回の「春の整体強化祭り(^^)」では

午前中の体塾
マコモ風呂
ゆったり時間を取っての自動運動
長谷川先生の整体

氣道フルコース(!)を堪能させていただきました。


流行りの靴や洋服は、数年後には古くなってしまいますが
整体の余韻は、一生、この身に残ります。

これは長期的な「自己投資」であり、最良の「必要経費(笑)」ですね!

前日の整体の余韻がまだ残っている状態で、翌日また整体を受ける…
この繰り返しがとてもよかったようです。

体のゆるみ方、眠りの深さがいつもと全く違いました。

体塾での、春の過ごし方に関する先生のご解説もわかりやすく、
また、障子越しのやさしい陽射しの中、ピアノに合わせての自動運動も楽しいひとときでした。

お教え頂きました卵巣への愉氣、合踵行氣も続けています。


おかげさまで、姿勢のことはもちろんですが
電磁波アレルギーも軽減して、肌の調子もぐんとよくなりました。

春先はアレルギーっぽく、目のかゆみがあったり、咳き込むことも多かったのですが、
すっきりと心地よく、この春を楽しんでいます。

本当にありがたいことです…。

4月、葉桜の頃、お祭りの「仕上げ」に伺いますので、
その節はどうぞよろしくお願い致します。

深い感謝をこめて∞   
                                S・N様より


 

整体後の過ごし方 ☆「空想」編☆

ご自身やご家族の方が新しいステージに進まれたり、
新たな出会いがあるこの時期。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

整体(個人指導)も、今まさにベストシーズンキラキラ

整体を受けられた後、
皆さんは、どのように過ごしていらっしゃいますか?

ゆるんだがゆえに

出版記念講座の後、1月、2度目の整体を受ける。

2度目のうつぶせで、明らかに体が変化したのが分かった。

整体後、珍しく、先生から
「だいぶ首が緊張していたから、温法するといいよ」と声をかけられる。

 

「整体」という名のクリーニング

正座をして、淨潤先生の操法を待っているときのこと。

膝の上においた掌を何気に上向きにしてみたところ
わきおこった不思議な感覚。
 

「私、キャパがないんです」

はじめて【整体】を受けられたときのこと、
皆さんは覚えていらっしゃいますか?


淨潤先生の整体を私がはじめて受けさせていただいたのは、
あの静謐な東京道場。


順番を待つ間は、「調息」が大事ではあるのですが・・・
なんと、私は緊張のあまり、それどころではない状態に陥ってしまいました。
 

穴追いの魅力2

穴追いの便利なところは、
心理的な事へも有効な事です。

私も辛い事があると知らないうちに眉間にしわが寄り、
険しい顔になっています。
これではいけないと思いって笑顔になっても、
知らず知らず険しい顔になってしまいます。

そんな時、頭の穴追いを行うととても助かります。
人相がとてもよくなることです。
 

穴追いの魅力を、皆様に伝えたい!

今の季節は、頭からの穴追いを行うと、
頭や首、肩などのいわゆる「神経系統」が緩みとても体が整います。
そして、
本格的に寒くなる前に、
一度でも頭を緩ませておくと、
次の春に移る時に、体の変動がスムースになるのです。

心と体はまさしく「一」そのものです。
体のある処が閊えていると、
そこに関連のある心理的な事も閊えてしまいます。

頭の穴追いを受けると、体と心の両方が楽になるので、
とても便利なのです。

(穴追いは、手による愉氣の一種で、手のひらではなく指先から愉氣を行います。
指先に意識を集めると、やがて皮膚が凹んできます。
この凹みを「穴」と呼んでいます。
 

幸せの瞬間

それは、突然訪れた。

淨潤先生の整体を受けさせて頂いて
何日かたったある日のこと。

 

愉氣の力

毎月一回、金曜日に、
横浜道場で開催されております 「自動運動と愉氣の会」

今月は自分の仕事がお休みできるようにスケジュールを調整して、
講座を受けた後に整体を受けさせて頂くスペシャルコースにしてみました!



講座の中では、季節に応じた互いの手当てもさりげなくご紹介くださって、

9月の回では、
「後頭部のゆるんでいるところ」に愉氣しあうことで、
背中(上胸部)がすごくゆるんで変わる!!

ーーということを改めて実感。

 (愉氣とは、ただ対象に意識を向けることをいいますが、
  この講座では、「手当てを通した愉氣」を行い合います。)


 
続きを読む >>

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM