スタッフブログ KUMU便り

このブログでは、講座風景や、スタッフの近況を綴っていきます。
(なお、KUMUとは横浜道場2Fのことで、「空無」とも書きます。 道場の舞台裏の模様も含めて、皆様にご紹介致します!)

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」に行ってきました。

2月20日(月曜)に、

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」に行ってきました。

 ↓

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html

 

東山魁夷は、私の大好きな画家で、

2004年に横浜美術館で行われた「東山魁夷展 - ひとすじの道 -」以来、

久しぶりに堪能しました。

 

場所は、

茨木県近代美術館です。

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

 

品川や上野から特急が出ており、

1時間21分で水戸に着いてしまうので、

とても楽でした。

 

糸かけ曼荼羅作成会(2/19)まだ間に合います!

自分を見つめる静かな時間のご案内です。


板の上に並ぶ円形のピンに糸をかける。
糸の色は自分の人生を反映した色。

そこには、あなただけの美しい曼荼羅が描き出されます。


シュタイナー教育では算数を教える時に活用される糸かけ曼荼羅。
決まった素数ごとにピンの間隔をあけて糸をかける作業を繰り返します。

その瞑想的な感覚に魅せられて、作成会のリピーターもいらっしゃるほど。


ご興味のある方は、ぜひこの機会に体験してみてください。

糸かけ曼荼羅の完成品は、下記の詳細画面でご覧いただけます♪


【糸かけ曼荼羅作成会】

 

日時:2月19日(日)10時〜15時(途中退室可)

場所:氣道大森支部(JR大森駅から徒歩2分)

費用:一般 6,000円、会員 5,000円  ※材料費込

 

詳細・お申込みはこちらから♪
 

天からの祝福

先日の体塾の後、新年のご挨拶にうかがえてなかった

芦屋神社に参拝に。

 

体塾にご参加くださったTさんと一緒に、神社に向かう。

Tさんは現在お母様の介護をされておられる。
 

愉しい春を迎えるためのステップ「穴追い練習会」!

まだまだ寒い日が多いですね!
しかし、
陽ざしは確実に暖かくなり、
日当りのいい部屋の中では、
室温も心地よい温度になっていたりします。
一歩ずつ春は近づいてきています。
その変化に合わせて、
体や心も自然と変わるのですが、
部分的に変わりずらい所が有ると、
そこで閊えてしまいます。
その閊えを弛めて春の体育てをする、
3月の「春の穴追い講座」です。
「穴追い練習会」は、
「春の穴追い講座」の為に感覚を養う事を目的としています。
「穴追い」や「愉氣(手当て)」に興味がある方に、
とてもお奨めです。

死ぬということ (あるメルマガの文章紹介)

幸いなことに、身近にあまり死を体験せずに生きてきて、本当に真正面から生と死を捉えることがなく暮らしてきたと思うのですが、

 

これまた幸いというか、昨年から生と死について考えさせられることが続いている私です。

 

(幸いと言ってしまうとかなり語弊があるのですが、「死」にも目を向けつつ生きる機会を与えられたことは、私の今後の人生にとって大きなギフトであることは確かだと思っています。)

 

 

 

今、実感として感じているのは、死ぬというのは「全ての終わり」ではないこと。

 

死という扉をくぐることは、時に容易なことではないかもしれないけれど、人は本来みな自然に死んでいく力もあるということ。

 

 

 

昨年父が亡くなる時は、お臍や後頭部にずーっと手を当てていて、長い時間を経て「今、整った!」と思った瞬間があり、その直後に最期を迎えました。

 

その後、父を感じるにつけ、「整って死んでいくってすごいことなのだなぁ」と思わせられることが本当にたくさんありました。

 

 

明日の朝、「あさイチ」生放送! 災害支援のプロフェッショナル・トムさんの出演をぜひご覧ください

当会でお預かりした被災地支援のご寄付も送らせて頂いている、 NGO結(ゆい)の前原士武(まえはらとむ)さん。

 

明日の「あさイチ」に生出演されるそうです。

 

(NHKで、午前8時15分〜9時54分(午前9時〜9時5分 中断ニュース)の予定。

 詳細は番組ページをご覧ください →

 

 

 

大きな災害が起こり、多くの方が生命を失ったり、生活が一変してしまった時、

当初は盛んに報道されて、人もお金も動きますが、そのうち時とともにどうしても関心は薄くなる。

 

けれども、実際には生活も気持ちもそう簡単に建て直りはしないし、

災害での直接の死よりも、その後の精神的不安や経済的理由で自ら命を絶ってしまう関連死の方が多いとも聞きます。

 

 

でも、そうした困難の多くは、準備や経験で減らすことができる!

もっとよりよくなることができる!


 

2017年度の講座改訂&カリキュラム概要について

日頃から当会の活動にご賛同下さいまして感謝申し上げます。

この度、

「”氣道”をもっと分かりやすく伝えたい」

「手当て(つまり整体指導)が出来る人を育てたい」

という思いから、講座の再編成をさせて頂く運びとなりましたのでご説明させて頂きます。

 

寒さで閊えている処を弛めたいかた集合!!愉氣の会を開催します。

立春も過ぎ、
暦の上では「春」ですが、
10日(金曜日)には雪も降り、
まだまだ寒さは厳しいですね!
しかし、
自宅の隣にある畑には、
フキノトウが芽吹いており、
枯草の陰から顔をのぞかせていました。
春は、一歩ずつやってきます。
春に向けて準備をしましょう!
そこで今月は、
首を弛める愉氣(イライラ解消)」と
お腹の観察と愉氣
を行います。

いのちの流れ

風邪をひいて、声が男前になり、鼻をぐしゅぐしゅとやっている私に、
会員のみなさんが、氣道の他の指導者が、こう言って下さる。
「大掃除ですね。よかったね」と。

大森支部かわら版(2017年2月) 〜各講座・個人指導のご案内〜

大森支部(東京都大田区)の「かわら版」を掲載いたします。

 

2月は「糸かけ曼荼羅作成会」が2/19(日)に開催されます。

 

前回は平日で参加できなかった方、ぜひこの機会にいらしてください!

かわら版は以下のリンクをご参照くださいませ♪

PDF を見る

12345>|next>>

このページの先頭へ▲

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

このブログ内を検索

モバイル版

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM